映画など・・・いろいろつぶやいてます
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - / スポンサードリンク /
八日目の蝉

不実な男を愛し子を宿すが、母となることが叶わない絶望の中で、男と妻との間に生まれた赤ん坊を連れ去る女、野々宮希和子(永作博美)と、その誘拐犯に愛情いっぱいに4年間育てられた女、秋山恵理菜(井上真央)。実の両親の元に戻っても普通の生活は望めず、心を閉ざしたまま大学生になった恵理菜は、ある日、自分が妊娠したことに気づく。相手は、希和子と同じように家庭を持つ男だった。 過去と向き合うために、かつて母と慕った希和子と暮らした小豆島へと向かった恵理菜が、そこで知った衝撃の真実とは?
(TOHO CINEMAS)

★★★★

原作の角田光代さんがTVでこの作品について話していた。
子供が出来たら 女性はみんな母性があるんですか?
では 子供が出来ない人には 母性はないんですか?
母性とは何か?それに疑問を感じてこの作品を書きました。と。

原作では少し長すぎると感じた逃亡劇は映画ではコンパクトに・・・
そして 恵理菜の視点で描かれていたと思う。
誘拐した女と誘拐された少女の逃亡劇。
決して許されないものだけれど幸せだった。
それは 本当の親子以上の愛情にあふれていたのではないだろうか。
だからこそ ふたり別れのシーンは切なくなる。

4歳まで母と信じて誘拐犯と愛情いっぱいに育った女の子。
それは母親にとっても 子供にとっても 不倫した夫にとっても
世間に知られた大事件の当事者。決して平穏ではなかったはずだ。

不倫する男の言い訳・・・嫌になる
いつか必ず妻と別れる、今は妊娠はこまる、結婚したら子供を持とう。

原作とおり岡山の街並み、そして岡山案内をするタクシー運転手
出てきましたね。そうバラ寿司です。ちらし寿司ではないのです(笑)
小豆島は 恵理菜にとっても 希和子にとっても幸せの場所だった。
原作とエンディングは違う。
わたしは映画のほうが好きだ。

何年も土の中にいた蝉は地上に出てくると7日目には死んでしまう。
八日目まで生き延びた蝉は仲間がみんな死んでしまって不幸?
いいえ、もう一日生き延びたことで 
他のものが知らない素晴らしいものを見ることが出来る。
小豆島の写真館で見た子供のころの希和子との記念写真。
幸せだった小豆島での思い出。
「わたしはずっとここに来たかったのかもしれない。」
まだ会えないお腹の子供にまで愛おしさを感じる恵理菜。
過去の思い出も両親のことも これからの未来にも希望を感じた。

過去の出来事に心を閉ざした恵理菜を演じた井上真央。
必死に子供を守り 愛そうとした希和子を演じた永作博美。
ふたりの迫真の演技はすばらしかったと思う。

映画や行 / comments(0) / trackbacks(25) / voy /
まほろ駅前多田便利軒


東京郊外のまほろ市で便利屋を営む多田啓介(瑛太)は、頑固な程に真面目でしっかり者。そんな多田の下に転がり込んできた高校の同級生、行天春彦(松田龍平)は、飄々としてつかみどころのない変わり者。共にバツイチ、三十路の2人は、便利屋稼業を始めることに。次から次へと訪れるくせ者たちへの行き過ぎたアフターケアにより他人の人生に巻き込まれていく彼らだったが、やがて自らの過去と向き合うことになる。
(cinema cafe net)

★★★+0.5

中学生の同級生だった二人はある晩 仕事帰りに出会う。
「今晩泊めて。」と頼む行天に 断れない昔の小指の傷の負い目がある。
2人は一緒に住んで便利屋をすることになる。

ワケありな客たちとのエピソード
ゆるい空気のなかでのんびりと描かれる二人の一生懸命さは
すごく自然で優しくて こころがほんわか温かくなる。
ワケありなアルバイトをしてる小学生の由良君
子犬を預けられて夜逃げされた家族の女の子にそっと子犬をあわせたり
ストーカーに追われてる女の子のために命をはったり・・・。

瑛太って中性的な感じの人かと思ってたけどここでは男っぽい奴。
つかみどころのない飄々とした雰囲気の行天を演じた松田龍平
友情のようで 腐れ縁の恋人?(笑)のようで二人の微妙な関係が最高。

クスッって笑えるところもたくさんあってユーモラス
「何じゃこりゃ〜〜」「誰?全然似てない!」これ ウケマシタね〜(笑)

最初にバス停に行天が残した包丁は 自殺のためだったのかな?
そう思っていたら やがて明かされる二人の過去。
バツイチの二人の男が自分の過去に向き合う。

誰にも自分には変えれないつらい出来事や運命が襲いかかる。
でも 人との出会いで支えあい、許しあい、係わり合いながら人間は生きていく。
そんな前向きな気持ちを与えてくれるものでした。
もし 近くにあったら なにか頼んでみたいな多田便利軒に(笑)

映画ま行 / comments(4) / trackbacks(14) / voy /
夜明けの街で   東野圭吾
 不倫する奴なんて馬鹿だと思っていた。
 ところが僕はその台詞を自分に対して
 発しなければならなくなる。
 渡辺は 派遣社員の仲西秋葉と
 不倫の恋に堕ちた。

 やがて15年前、父親の愛人殺人事件の
 容疑者として秋葉が容疑者であることを知る。
 彼女は真犯人なのか?
 揺れ動く渡辺の心。
 まもなく事件は時効を迎えようとしていた。




★★★(+5?)
不倫なんてする奴は馬鹿だ!そう思っていた渡辺が不倫に堕ちた。
男の立場からすれば 愛人とはうまくやりたい。
愛人には妻とは離婚するといい、妻には それが言い出せずうそをつく。
妻にばれるんじゃないかと いつもおびえつつ 逢瀬を重ねる。
もう男の哀れさ、いい加減さに本当に不倫する奴なんて馬鹿だ!と思う。

おまけとして書かれている「新谷君の話」
渡辺に不倫はやめろと常に忠告していた友達の不倫の話。
不倫をされた渡辺の妻と新谷の妻の対応。
どっちが夫としてはきついのかな・・・?渡辺ではないかな・・。

前半は不倫に堕ちていく二人のこころの描写。
しかしその愛人、秋葉が15年前の父親の愛人の殺人事件の容疑者とわかり
もしかして犯人では?というサスペンスタッチになっていく。
そして予想外の真犯人とその犯行。
最後にどんでん返しな展開、そしてどんどん引きこまれる文章は
さすがに東野圭吾とは思う。

今秋に岸谷吾朗と深田恭子で 映画化されるそうだ。
なんとなく二人のイメージはぴったりだと思うけど・・・
「八日目の蝉」に続き不倫がテーマ。重過ぎてこの映画はパスしようかと思う。



book / comments(2) / trackbacks(1) / voy /
八日目の蝉
逃げて、逃げて、逃げのびたら、
私は あなたの母親になれるのだろうか
東京から名古屋へ 
女たちにかくまわれながら
小豆島へ。
偽りの母子の先が見えない逃亡生活。
そして その後のふたりに光はさすのか。

「なぜ、誘拐したの?なぜ、私だったの?」
優しかったお母さんは 
私を誘拐した人でした。

★★★+0.5
 
4月29日に公開される映画「八日目の蝉」
この予告編で語られる言葉がすごく気になって 本屋で購入してしまった。
そして このタイトル 八日目の蝉ってどういう意味なのか・・・?

愛人の赤ちゃんを誘拐してしまった希和子。全国指名手配犯。
その子を 薫と名づけ逃亡していく。薫を守りたい、その願い。
この母性、この愛はどこから来ているのだろう。
「海も山も この世の美しいものは全部見せてやりたい。」
自分を犠牲にして それでも二人でずっといたい。その彼女の思い。

後半からは大学生に成長した恵理菜(薫)の目線からストーリーは進む。
彼女もまた 不倫してしまい妊娠してしまう。
誘拐犯に育てられた娘、家庭崩壊、マスコミにたたかれた家族は
もうバラバラになっていた。
彼女自身 ずっと希和子の陰を背負って生きている。

同じような人生を歩んでしまう希和子と恵理菜。
出産すべきなのか?悩む恵理菜のまえに かつて逃亡中に
エンジェルホームで一緒だった千草と自分がたどった過去を旅しはじめる。

岡山駅から 岡山港に行って小豆島にわたるんだけど
希和子と薫、そして 大人になった恵理菜と千草はタクシーに乗るんだけど
岡山弁丸出しの方言で岡山名産を語る台詞に思わず笑ってしまう。
でも映画では岡山港ではなく 高松港(四国側)から小豆島へ・・・
高松港って すごく景色がよくて素敵なので 岡山ロケは却下ね(涙)

自分が昔 誘拐犯だった母親と名乗る女との逃亡劇。
それは決して不幸なものではなかったはずだ。
今また同じ道を旅しながら恵理菜は思う。
八日目の蝉。
蝉は 何年も土の中にいて 地面に出てきたら7日間で死んでしまう。
八日間生きた蝉は仲間がいなくて寂しくて不幸なのか?

エンディングは 時に希和子の立場から そして恵理菜の立場から
お互いに対する思いが語られる。
そして二人が昔 最後の逃亡先として選んだ小豆島に向かう
その岡山港で・・・・
お互いに気がつかずすれ違うエンディングがすごくいいけど
映画ではまったく違うエンディングだそう。劇的に再会したりするのかな?
感情を抑えたものなので 映画化は難しそう。
非常に読みやすく一気に読んでしまった。
しかし 不倫、妊娠、誘拐、逃亡劇、家庭崩壊・・・テーマは重い。

「八日目の蝉」に込められた思いを映画化で見てみたいと思う。
book / comments(7) / trackbacks(1) / voy /
グレイズアナトミー  シーズン6




(wowow )  ★★★★




シーズン6では 狭い空間で複雑に絡み合う?恋愛関係がさらにエスカレート
こんなに忙しい生死に向き合う医療現場で これってあっていいの?って思う(笑)

「ジョージ〜〜」衝撃の彼の死から始まった6シーズン。
病気から無事復帰したイジー。
アレックスと最初はうまくいってたけど 突然行方をくらましたり 戻ってきたり
「幸せになるための27のドレス」「男と女の不都合な真実」「キス&キル」
ラブコメの女王になってしまったキャサリン・ハイグル このシーズンで降板。
途中から出てこないと思ったら そういうことだったのね・・・。



1シーズンからの仲間は メレディス、クリスティーナ、アレックスの3人だけ
インターンだった彼らが今は成長してインターンを指導する立場。
でもアテンダントに気に入ってもらって手術に入りたいという意欲は健在。
アレックスの弟の出現。彼の苦労した過去が明かされて 不良っぽいけどいい奴。
後半は スローンと別れたメレディスの妹のレクシーと仲良くなってましたね。



病院も経営の合理化でマーシー・ウェスト病院と合併。
どっちが権力を握るか?誰が合理化で首をきられるか
最初はかなりギクシャクしてて医療にっも支障が出るほどに・・・・いいのか?
責任をとってリチャードは 外科部長をデレクに奪われることになる。
 


前シーズンで結婚したメルディスとデレク
このふたりが 今シーズンでは新婚さんでラブラブでしたね。
今までいろいろありすぎたから安心してみてられた(笑)
外科部長になったデレクにも 妻らしい一面を見せたり。
赤ちゃんもできて幸せ〜って思っていたら 最終エピソードで病院で事件が起きる。



メレディスの親友クリスティーナ。
戦地でのトラウマでこころに傷をもつドクター・ハント
同じ戦地で医師をしていたテディの登場で3角関係で微妙な雰囲気に。
クリスティーナの上司的存在のドクターでテディに気に入られたいから複雑
クリスティーナとハントの恋の行方が一番きになるところ・・・



「プライベート・プラクティス」とのクロスオーバーエピソード。
そのとき スローンはアディソンと火遊び?そういえば昔 2人は不倫した仲でした。
まさかのスローンに隠し子登場!さらに彼女は妊娠?
ついにスローンがおじいちゃん?!(笑)
急に娘を引き取り 孫と一緒に家族になろうっていわれてもね〜。
レキシーが怒って出て行くのも当然って思う。



そして衝撃の事件が病院内で起きた。
妻の死を逆恨みした男が拳銃をもって医師を次々に撃ち始めた。
恨みの矛先は 外科部長のデレク
そしてデレクは メレディスの前で撃たれてしまう。
そしてアレックスも・・・。
デレクの手術をしたクリスティーナ。命はとりとめた。
この事件でメレディスは妊娠をデレクに告げる前に流産してしまう。

シーズン7は wowowにて7月から。
デレクとメルディスの夫婦関係はどうなってしまうのか・・?
クリスティーナは ハントと結ばれるのか?
そうそう〜ベイリー先生にも恋がありました。行動がかわいかった(笑)
トーレス&ロビンスは コメントなしです^^

アメリカ★ドラマ / comments(6) / trackbacks(2) / voy /
英国王のスピーチ
 

第83回アカデミー賞「作品賞」「監督賞」「主演男優賞」「脚本賞」受賞!
吃音に悩み、自らを否定し続けてきた英国王ジョージ6世。
全国民を前に、王の尊厳と誇りをかけた演説が始まる―。

2度の大戦を乗り越え、国民に「善良王」と慕われるにいたったジョージ6世が乗り越えた障がい。彼を支えた妻エリザベスと、言語障がい専門医ライオン・ローグとの愛と深い絆を描く。
(TOHO CINEMAS)

★★★★

最後のジョージのスピーチは こころ揺さぶられました。
第二次世界大戦前夜のスピーチは そこにいるような臨場感で
吃音というハンデを乗り越え 国王として語られるその一言一言に感激。
国王とは それほどに国民に力と勇気を与える大きな存在なのだと・・。

現イギリス女王、エリザベス2世の父、ジョージ6世の歴史ドラマ。
幼少期から吃音症に悩まされ、コンプレックスを持って育ったジョージ6世。
国王になるまでのジョージの重圧、苦悩。
冒頭のスピーチのシーンは緊張感がすごくて張り詰めた空気が伝わった。
見つめる国民の目、そして失望の目。

奔放的に生きた長男とは違ってまじめで礼節をわきまえたジョージこそ
国王にふさわしいかったのだと思う。
スピーチ矯正の専門家・ライオネルとの出会い、信頼と友情で結ばれいく絆。
そして妻・エリザベスの献身な愛。
ジョージの周りにはいつも彼を愛してくれ支えてくれる人たちがいた。
それはきっとジョージ自身が魅力的な人だったから。

アカデミー賞受賞作品で 一番見たかった映画でした。
ストーリーは見る前からわかってたけれど
それでも 静かに感動出来るすばらしい映画だったと思う。

映画あ行 / comments(8) / trackbacks(29) / voy /
塔の上のラプンツェル
 

深い森に囲まれた高い塔の上に暮らすラプンツェル。自由に操れる不思議な長い髪を持つ彼女は、18年間一度も塔の外に出たことがなく、母親以外の人間に会ったこともなかった。そんな彼女の楽しみは、自分の誕生日になると遠くの空に浮かぶ神秘的な"灯り"を見ること。"あの灯りは、私とどんな関係があるのだろう?"成長するにつれ、彼女は灯りへの好奇心を抑えきれなくなっていた。そんな時、お尋ね者の大泥棒フリンが追手を逃れて塔に侵入し、ラプンツェルの魔法の髪に捕えられてしまう。だが、この偶然の出会いは、ラプンツェルの秘密を解き明かす冒険の始まりだった。
(TOHO CINEMAS)

★★★★

本当に素敵でした〜!
今まで塔から一度も外へ出たことがなかったラプンツェルは
毎年自分の誕生日に空に飛ばされる無数の光りの正体を自分の目で確かめたくて
白馬に乗った王子様でなくて 指名手配中のお尋ね者のフリンとともに探検にでる。
不思議な力をもつ長い髪、ラプンツェルは 冒険心と勇気と優しさ思った
すごく魅力的で かわいい女の子。

ラプンツェルの髪の動き、そして登場人物の立体感。美しい映像。
3D映像が素晴らしくて 立体感や動き・・・重たい3Dメガネ+400円かけても
観る価値のある映画でした。3D映像がやっと?進化してきましたね・・・。
ラプンツェルの声を担当した中川翔子 すごく上手い!!

フリンと二人で船を漕ぎ出しそこで見た無数の空とぶ光る灯篭
幻想的で綺麗でした。
へんてこな馬も カエルみたいなカメレオン
登場人物がどれも魅力的で 
そして幸せいっぱいのハッピーエンド。
見た後 幸せ気分になれるディズニー映画でした。

映画た行 / comments(4) / trackbacks(20) / voy /
SP 革命篇
 

官房長官を狙ったテロ事件から2カ月。死闘を繰り広げた警視庁警護課第四係のメンバーたちは、通常任務をこなしていたが、井上(岡田准一)だけは 尾形(堤真一)への不信感を募らせ、一人苦しんでいた。一方、与党幹事長・伊達(香川照之)やキャリア官僚らと接触の陰が疑われる尾形の動きを探るべく、公安の田中も調査を進める。時を同じくして、井上は尾形から国会での警備を任じられる。第四係、政治家の伊達國雄、新・第四係のメンバー、さらには謎のテロリストグループが国会に集結する中、麻田内閣不信任案の採決が行われようとしていた。そのとき遂に尾形が動き出し、国会議事堂に銃声が鳴り響く。
(TOHO CINEMAS)

★★★

去年の「SP 野望篇」を見たとき もう後篇は見ないと思っていたのに
2夜連続TVスペシャル「革命前日」を見て 
いったい尾形たちが言い続けている大義とは何で 
そして彼らは何をしょうとしているのかが気になって・・・・・見てしまった。
やっぱり前篇 後篇と分ける意味なかったですね。つながりはないし。
アクションのみでストリーのなかった野望篇よりは面白かった。

あっという間に占拠されてしまう国会議事堂。
緊迫した実行犯たちに反して 他人事のように別室で見ているキャリア官僚たち。
自分の不正を公然の面前で告白させられる議員たち。
そして最後に麻田総理の番になったとき・・・・
すべては尾形が子供のときの父の死がきっかけ。復讐であったように思う。
フィクションでありえない展開だけど尾形の気持ちに同情してしまう。

何度か向かい合い意志を確認しあってた尾形と伊達がまさか●●だったとは(驚き)
二人が目指す大義は違っていたということなのか。
なぜ尾形は 井上たちを国会の警備にあてたのか?
自分たちのテロを防いで欲しかった?
井上にあてた手紙の内容は?
なぜ尾形は身分を偽り SPになることが出来たのか?(警察内部になにかある?)
そして 刑務所での看守の一言
井上が感じた不穏な気配・・・これって もやもや感いっぱいで
第三弾を予感させるものでした。

映画あ行 / comments(2) / trackbacks(22) / voy /
ツーリスト
 

傷心を癒すためイタリアを訪れたアメリカ人旅行者フランク(ジョニー・デップ)は、ヴェネチアに向かう車中で見知らぬ上流階級の美女エリーズ(アンジェリーナ・ジョリー)に声をかけられる。妖艶な彼女に誘われるがままにアバンチュールに酔いしれるフランク。しかし、そのすべてが仕組まれた罠だとしたら…。謎の美女エリーズに翻弄され、知らないうちに巨大な事件・陰謀に巻き込まれていく一人の"ツーリスト"フランクの運命は・・・
(TOHO CINEMAS)

★★★

アンジェリーナ・ジョリーとジョニー・デップ初競演。
話題の映画?!ってことで見てきました。
アンジェリーナのミステリアスでセクシーな姿は 女性の目からでも素敵♪
声をかけられれば男性はついて行っちゃうよね(笑)
妖艶で美しいアンジェリーナに比べて 
あんまりかっこよく見えなかったジョニー、なぜだろ?(ファンの方すみません)

知らないうちに巨大な組織に命を狙われるフランク。
フランクは どこかコミカルでちょっとドンくさい感じ。
エリーズが 実は優秀な諜報部員だった。ここまでは ありそうな展開。
巨大な脱税をして14カ国から指名手配されるアレクサンダー・ピアス。
アレクサンダーに間違われて命を狙われてるかわいそうなフランクと思ったら
命をはってエリーズを救うために 敵のいるところへ出て来たのかと思ったら・・・・
これはないでしょ?!
あの警部のように なにが起こったのか一瞬わからず きょとん(笑)
整形前のアレクサンダーってどんな顔だったんだろ。。
エリーズも まったく気がつかないほどって・・・

でも美しいベニスの街や妖艶なアンジーが見れたのはよかったかな。
せっかく豪華競演だったのに ちょっと残念なストーリーでした。

映画た行 / comments(6) / trackbacks(27) / voy /
恋とニュースのつくり方
 

失業中のTVプロデューサー、ベッキー(レイチェル・マクアダムス)。憧れのニューヨークでモーニングショーのプロデューサーに採用されるが、それは局に見放された超低視聴率番組"デイブレイク"!ベッキーは伝説的な報道キャスター、マイク(ハリソン・フォード)を抜擢、女性社員憧れのプロデューサー、アダム(パトリック・ウィルソン)と恋におち、輝く第一歩を踏み出す。ところが、プライドの高すぎるマイクは仕事を拒否、ついに上司からは視聴率を上げなければ番組は打ち切りだと宣告されてしまう。デート中も仕事で頭がいっぱい、アダムとの関係にも危機が訪れる。果たしてベッキーは視聴率と恋愛力アップを成し遂げることが出来るのか?
(TOHO CINEMA)

★★★☆

超最低視聴率なディブレイクの視聴率を上げるために奔走するベッキー
ベッキーを演じたレイチャル・マクアダムスが 魅力的でキュートでした。

数々の賞を受けている伝説的な報道キャスター マイクと
元ミスコン女王のダイアン・キートン演じる二人のキャスターがすごくいい味でした。
豪華競演。
最後のしめの" Goodbye!"を自分がと何度も言い合う二人・・・・
視聴率のため?かえるとまでキスしちゃうダイアン・キートン。そこまで必要?(笑)
天気予報担当のキャスター 何でもやらされちゃってましたね。失神までして(笑)
プライドが高くて頑固だけど 最後には 料理番組までやってしまったマイク。
スタッフ、キャスターみんながひとつになって視聴率アップにかける・・・。

デート中も視聴率のことばっかり考えてしまいアダムとの恋の危機もあったけど
仕事に 恋にがんばるサクセスストーリー
とても楽しめる映画でした。

映画か行 / comments(4) / trackbacks(22) / voy /