映画など・・・いろいろつぶやいてます
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< カーズ2 / main / うさぎドロップ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - / スポンサードリンク /
プラチナデータ   東野圭吾
 

犯罪防止を目的としたDNA法案が国会で可決し、検挙率が飛躍的に上がるなか、科学捜査を嘲笑うかのような連続殺人事件が発生した。警察の捜査は難航を極め、警察庁特殊解析研究所の神楽龍平が操るDNA捜査システムの検索結果は 該当者なし。犯人はこの世に存在しないのか? 時を同じくして、システムの開発者までが殺害される。現場に残された毛髪から解析された結果は99.99%犯人は、神楽自身であることを示していた。確信は疑念に、追う者は追われる者に。すべての謎は、DNAが解決する。(Google)

★★★

殺人現場に残されたものが 犯人とされるDNAと一致して検挙されるのではなく
まったく何もないところから 体毛一本で犯人の名前から顔写真まで現れる。
最初はありえないと思って読みはじまたが
さすがの東野圭吾、そういう時代がいつか来るのではないかと思えてきた。
DNAによって人間がすべて支配される時代。

その研究に携わってきたシステムの開発者の蓼科兄妹が殺された。
現場の死体の上に残された髪の毛。
それを調べた研究所の神楽が愕然とする。
システムが表した顔は まさに神楽自身。

神楽は二重人格だった。
そうだとすると犯人は 分身のリュウなのか?
犯人として警察に追われる逃亡中、彼とともにいたスズランという女性。
それは 絵が好きだったリュウが残した女性の肖像画。
スズランは存在するのか?
神楽は逃げ切れるのか?無実を証明できるのか?
神楽はどうなるのか?中盤から 一気に読んでしまった。

予想外の結末、それが東野圭吾だとは思うけど・・・・
この真犯人は あまりに無理やりすぎる気がして 結末は物足りない。
いくらいいDNA法案が出来たとしても
プラチナデータのようなものが存在しては意味がない。
何時の時代もそれを潜り抜けようとする権力者がいる。
これから起こりえるかもしれないDNAですべて支配される社会。
それに警鐘を、問題を提議した作品なのかな。
book / comments(2) / trackbacks(1) / voy /
スポンサーサイト
- / - / - / スポンサードリンク /
コメント
最初、神楽の二重人格から、リュウと同一人物では?と思ったけど、
でも、そんな安易な設定はすまいと思ったので、ならどうなるか?と、気になっていました。なので、ノンストップで読めましたよ。
「個人のDNAを国が管理する」という題材が面白いので、東野流、管理社会の皮肉さをどのように描くか楽しみにしていました。でも、その期待が..拍子抜け。私もラストは物足りなさを感じました。
| ラム | 2011/08/27 10:17 PM |
■ラムさん
最初は 何もないところから体毛だけでわかってしまう?!
ってありえないと思ったけど・・・・
東野作品は説得力あるし さらに二重人格の要素まであって
題材面白いのでわたしも中盤からは ノンストップでした。
国が 個人のDNAを管理する社会 いつかくるのかな?
わたしももうひとつの人格のリュウが犯人かも?と思いましたが
いくら予想外の結末でも この人を犯人にするの〜って
ちょっと拍子が抜けて物足りなかったです。わたしも(笑)
神楽が一緒に旅してたスズラン
ふたりの関係が すごく不思議でした。
| yoko | 2011/08/28 8:08 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://voyvoy.jugem.jp/trackback/186
トラックバック
東野圭吾『プラチナデータ』
プラチナデータ東野 圭吾幻冬舎 今回は、東野圭吾『プラチナデータ』を紹介します。まあ、それなりに面白かったですけど、自分の心に印象深く読んだ印象が残っているかといえば違うかもしれないね。近未来の管理社会についてかかれてあったんだろうけど、管理される側
| itchy1976の日記 | 2011/12/18 12:37 PM |