映画など・・・いろいろつぶやいてます
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ガリレオの苦悩 東野圭吾 / main / カーズ2 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - / スポンサードリンク /
コクリコ坂から


1963年の横浜が舞台。東京オリンピックの開催を目前に控え、古いものはすべて壊し、新しいものを作ることだけが素晴らしいと信じていた時代、世界は希望に満ちてキラキラと輝いていた──。
主人公、16歳の少女・海の声を長澤まさみ、17歳の少年・俊を岡田准一が務めるスタジオジブリの最新作。 (TOHO CINEMAS)

★★★+0.5

久々の映画館で映画鑑賞。
やっぱり映画はいいなぁ〜と思える素敵な映画でした。

時代は 東京オリンピックをまじかにした高度成長真っ只中の日本。
ノスタルジックな街並みは 見てて癒されました。
海の通う学校には 明治時代に建てられたカルチェ・ラタンという建物があった。
古いものは壊してしまおうとする学校側と
それを守ろうとする生徒たち。その熱い思いがいい。

そんな学生たちの運動の中で出会った海と俊。
二人の淡い恋心は やがて二人の出生の秘密によって引き裂かれそうに・・・
海の一途で純真な思いは 見ていて本当に切なくなってきた。
やがて明かされる出生の真実は
戦争の傷跡が残るあの時代だったら多くあったのかもしれないと思う。

コクリコ坂にあるコクリコ荘。
そこの食事の切り盛りをするしっかりものの海。
子供のころに死んだ船乗りの父を忘れられず毎朝 信号旗をあげる。
「だから お父さんは 俊を私のもとに越させたのかもしれない。」
自分の思いに いつも純粋に生きようとする海。
そして海の父親たちの友情とその生き様に
最後には 静かに感動してました。
映画か行 / comments(0) / trackbacks(25) / voy /
スポンサーサイト
- / - / - / スポンサードリンク /
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://voyvoy.jugem.jp/trackback/184
トラックバック
コクリコ坂から
7月17日(日)@日比谷スカラ座初回9:40の回で鑑賞。 観客の入りは半分以下。 若者の姿はすくない。 おっさんが一人でみにきている。
| あーうぃ だにぇっと | 2011/08/01 6:42 PM |
少女よ君は旗を揚げる〜『コクリコ坂から』
 1963年、港横浜。坂の上に建つ「コクリコ荘」を切り盛りする高校生、松崎海 は、毎朝信号旗を掲げる。「安全な航行を祈る」。海と同じ高校に通う風間俊は、 その旗をタグボートから見つめていた。  ...
| 真紅のthinkingdays | 2011/08/01 8:17 PM |
[映画『コクリコ坂から』を観た]
☆嗚呼! 非の打ちどころのない傑作でした。  しっとりと感動しました。  『もののけ』『千と千尋』の頃から、『ハウル』『ポニョ』と、面白いけど物語が破綻しまくっていた宮崎駿が、この作品では見事な伏線と収束に至る脚本を練り上げていた。  『ゲド戦記』で
| 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 | 2011/08/01 10:39 PM |
映画「コクリコ坂から」感想
映画「コクリコ坂から」観に行ってきました。1963年の横浜の港町を舞台に繰り広げられる青春ドラマ系のスタジオジブリ作品。この映画、当初観に行く予定はなかったのですが、映...
| タナウツネット雑記ブログ | 2011/08/01 10:54 PM |
コクリコ坂から
2011年7月20日(水) 21:00〜 TOHOシネマズスカラ座 料金:1100円(レイトショーvit購入) パンフレット:600円(買っていない) 『コクリコ坂から』公式サイト 旗をあげた少女に向かって透き通った少年が降ってくる予告編から、幽霊とのファンタジーなのかと勝手
| ダイターンクラッシュ!! | 2011/08/01 11:17 PM |
コクリコ坂から
1980年に「なかよし」に連載された同名漫画を『ゲド戦記』の宮崎吾朗監督が映画化。企画・脚本を父親の宮崎駿が務めている。60年代に生きる高校生の男女の青春物語だ。主人公の少女の声をを長澤まさみ、少年の声を岡田准一が演じる。共演にも竹下景子、石田ゆり子
| LOVE Cinemas 調布 | 2011/08/02 1:40 AM |
コクリコ坂から
じわりじ〜んわりと効能を発揮する良作。  
| Akira's VOICE | 2011/08/02 10:11 AM |
コクリコ坂から
ブログネタ:うまく歌えたらイイナ!と思う曲は? 参加中 COPDのイベントの後、 会場の近くの映画館で観ました。 宮崎吾郎氏のジブリ作品第二段ですね。 最近のジブリ作品は今一つだし、 吾郎氏の最初の作品も然りだったので 行く予定はなかったのですが、
| 映画、言いたい放題! | 2011/08/03 4:19 AM |
映画 「コクリコ坂から」
映画 「コクリコ坂から」
| ようこそMr.G | 2011/08/03 7:03 AM |
『コクリコ坂から』 忘れ去られたモデルとなった事件
 【ネタバレ注意】  なぜ1963年なのだろう?  マンガ『コクリコ坂から』が少女マンガ誌『なかよし』に連載されたのは、1980年である。もちろん、その時代を背景に、その時代の少女たちを対象に描かれ...
| 映画のブログ | 2011/08/03 8:15 AM |
【アニメ】コクリコ坂から
<コクリコ坂から を観て来ました> 製作:2011年日本 試写会にて、ちょっとだけ早く鑑賞してきました。最近ジブリ映画は試写会やDVDでの鑑賞になっちゃってる。昔は超超超好きだったんだけど… 「なかよし」(講談社刊)に連載されていた少女漫画をスタジオ
| ★紅茶屋ロンド★ | 2011/08/03 5:44 PM |
「コクリコ坂から」みた。
これは子供が見ても楽しくないかも?かといって、アニメファンじゃない大人がワザワザ観に行くにはちょっと物足りないというか、出来過ぎというか。とはいえ、派手さはないものの、しっとりと穏やかで心地良い風の吹
| たいむのひとりごと | 2011/08/03 7:33 PM |
「コクリコ坂から」感想
 「ゲド戦記」の宮崎吾朗第2回監督作品。1980年代に「なかよし」で連載された少女漫画(高橋千鶴・作画)、佐山哲郎・原作)をスタジオジブリ制作でアニメ映画化。    ちなみに「コクリコ」とは、フランス語で「ひなげし」の意味なんだそうな。ずっと鶏の鳴き
| 新・狂人ブログ〜暁は燃えているか!〜 | 2011/08/03 9:58 PM |
コクリコ坂から(2011-050)
ゲド戦記の監督である宮崎吾朗氏がなかよしに連載された同名漫画を 映画化。 原作は読んでいない様な気がしますが映画館での予告で「兄妹」だ とネタばれした時点で気になってしょうがなかった作品。 ...
| 単館系 | 2011/08/03 10:11 PM |
しっぽり。 【映画】コクリコ坂から
【映画】コクリコ坂から ゲド戦記の宮崎吾朗によるスタジオジブリ最新作。 【あらすじ】 東京オリンピックの開催を目前に控える日本。横浜のある高校では、明治時代に建てられた由緒ある建物を取り壊すべきか、保存すべきかで論争が起きていた。高校生の海と俊
| B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら | 2011/08/05 1:09 AM |
「コクリコ坂から」 淡々と物語がすすんでいく
「ゲド戦記」の宮崎吾郎監督の久しぶりの作品。 前作品から5年ほど経っていることに
| はらやんの映画徒然草 | 2011/08/05 7:56 PM |
映画「コクリコ坂から」ノスタルジーに今は浸る時じゃない
「コクリコ坂から」★★★ 岡田准一、長澤まさみ、風間俊介、 大森南朋、竹下景子、石田ゆり子、 柊瑠美、風吹ジュン、内藤剛志、声の出演 宮崎吾朗監督 91分、2011年7月16日より全国公開, 2011,日本,東宝 (原作:原題:漫画:コクリコ坂から ) ←       
| soramove | 2011/08/06 12:23 AM |
記憶とリンクするディティールこそ大人向けジブリの真骨頂 ─ コクリコ坂から ─
─ コクリコ坂から ─ 今年のジブリは『ゲド戦記』以来2回目、宮崎駿の息子さん、宮崎吾朗の監督作品ということで個人的にかなり気になっていたこの作品『コクリコ坂から』。 だっ ...
| Prototypeシネマレビュー | 2011/08/07 9:17 AM |
コクリコ坂から
 『コクリコ坂から』を、新装なったTOHOシネマズ渋谷で見てきました。 (1)この映画は、1963年の横浜を舞台に、男女の高校生の清々しい恋愛を描いた作品と言えるでしょう。ですが、下記の前田有一氏が述べるように、「話にも、絵にも、演出にも目を見張るものがない。
| 映画的・絵画的・音楽的 | 2011/08/08 6:00 AM |
コクリコ坂から
コクリコ坂から ★★★★☆(★4つ) う〜ん。良いか悪いかで言ったら良かったんだけどね。 染み入るものに涙したのは事実なんだけど。。。 「なぜ、今、ジブリからこの作品なんだろう」って思ってしまったのが正直なところでした。 1960年代の横浜を舞台に、高校
| 食はすべての源なり。 | 2011/08/08 3:24 PM |
シネトーク71『コクリコ坂から』●良くも悪くないんだけど・・・・何かが足りない
三度のメシぐらい映画が好きな てるおとたくおの ぶっちゃけシネトーク ●今日のてるたくのちょい気になることシネ言 「レディースデーがあるのにメンズデーがないのは男女差別じゃね?」 シネトーク71 『コクリコ坂から』 監督:宮崎吾
| ブルーレイ&シネマ一直線 | 2011/08/09 1:05 PM |
コクリコ坂から
スタジオジブリ・プロデュース「コクリコ坂から歌集」 コクリコ坂から サウンドト
| 青いblog | 2011/08/10 6:53 PM |
映画:コクリコ坂から 1枚の写真に込められた想い。映像のみずみずしさが魅力。
ジブリの最新作。 1963年頃の横浜を舞台に、繰り広げられる高校生たちの青春。 この時代の風景が、ただただ美しい。 そしてみずみずしい。 これを眺めているだけで、心が満たされていく。 一方で、ノスタルジーっぽい気分だけに終始させないところが腕の見せ所か。 (
| 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 | 2011/08/10 7:18 PM |
『耳をすませば』以上に濃い! 〜映画『コクリコ坂から』・感想〜
すくなくとも『ゲド戦記』より面白い。 上映時間91分とのことだけど、時間を感じさせない密度の濃さだった。 僕は友達と一緒に見たけど、友達曰く、 『登場人物が皆さん熱い』とのこと。 まあ、学生運動...
| 早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常 | 2011/08/27 2:10 AM |
映画:コクリコ坂から
 個人的にはゲド戦記が微妙だったので見ようかやめようか迷っていたのですが、ネットでも今回の作品はおもしろい!との評判。と言うことでコクリコ坂からを見てきました。
| よしなしごと | 2011/09/08 7:00 AM |