映画など・・・いろいろつぶやいてます
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< カッコウの卵は誰のもの / main / コクリコ坂から >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - / スポンサードリンク /
ガリレオの苦悩 東野圭吾
   ★★★★

帝都大学理工学部物理学准教授の湯川
警視庁捜査一課の草薙
そして部下の内海薫
ガリレオのTVドラマのイメージで読んでしまったので実に読みやすかった。
湯川・・・福山雅治。内海刑事・・・柴崎コウ。原作のイメージぴったり!

必ずしも喜んで積極的に警察に協力して謎解きをしているわけではない。
でも 内海刑事の熱心さに そして友人の草薙のため 時には犯人のために
鋭い推理で物理的なトリックを暴いていく。
トリックは 理数科系の東野圭吾らしい本格派のトリック。
でもそこには 登場人物たちの人情、人間ドラマがある。
物理的トリックの後ろにある湯川の人間の心 優しさがすごく魅力的だった。

1.落下る(おちる)
2.操縦る(あやつる) 
3、密室る(とじる)
4.指標る(しめす)  
5.攪乱す(みだす)

(2. あやつる) 湯川の恩師友永の息子の殺人事件。
友永の家に集まった教え子たちの眼の前で起こった離れでの爆破事件。
一番怪しいのは 父親友永だったが 彼は車椅子生活で
離れに一人で行くことは 不可能。
しかし犯人は・・・・友永。ではどうやって?なんのために?
友永は自分の犯行を 次々に証言し始める。不利なことまで、なぜ?
湯川は なぜ友永が事件を起こしたのか、その真相を語り始める。
そこにある人間ドラマに、友永への湯川の思いに胸が熱くなる。
「人の心も科学です とてつもなく奥深い」

(4. しめす) 老女が殺されて家から金の地金が盗まれた。
いつも訪れている保険会社の貴美子は容疑者だった。
刑事たちが家を張ってると娘の葉月が ダウジングという方法で
事件の日 老女の家からいなくなった犬の死骸を見つけ出した。
貴美子は犯人なのか・・・・しかし予想外の展開が訪れる。
ダウジングというものを探す(こっくりさんみたい?な)方法。
それは非科学的だが 湯川は 娘のとった行動は否定しなかった。
それをすることには 彼女には意味があったから・・・
「神秘的なものを否定するのが科学の目的じゃない」
book / comments(6) / trackbacks(0) / voy /
スポンサーサイト
- / - / - / スポンサードリンク /
コメント
こんばんは、、、
ダウジングって、時々専門家?が
テレビにでて、行方不明者とか探し出す
あれでしょ?
糸になにかつけて、ぶらぶらやってると
行方がわかるっていうやつ。。。
たしかに、こっくりさんみたいな感じがするよね。
こっくりさんといえば
僕が中学のとき、クラスでやたらと流行って
休み時間、女子がキャーキャー言いながらやってました。
ぼくは、ちっとも信じてなかったけど、
好きな女子生徒の隣に座るのが目的で
ちょくちょく参加してました。。。
はい、、、動機が著しく不純です。。(笑

ちょっと出張でオホーツク方面に行ってたんだけど
寒いのなんのって、、、、
最高気温が8度だよ。
完全に体がおかしくなりそうです。

先日、ぼくは、「告白」を書いた
湊かなえさんの、けっこう新しいのを
読みました、、、、けど、途中で断念しました。
だって、あまりに暗い!!!!
読んでいて、ほんとに救いがどこにもないんだもん。
ぼくは、ギブアップでした。

yokoちゃんとこは、暑いんでしょ?
水分補給をしっかりとね〜
| akihiro | 2011/06/24 11:52 PM |
■akihiroさん
暑いです。ここんとこ34度続きです。
夏ですよね〜。
8月になったら どうなるんでしょ。
雨マーク、梅雨って天気予報は言ってるのにこの暑さ。
新しい扇風機を買って節電モードだったけど
エアコン つけちゃいました。

8度ですか〜〜。
確か 4月末に
釧路空港に着いたときもそのくらいで
街には雪の山がいっぱい。
除雪車が道路の雪をどけてました。
釧路湿原は どこまでも続く雪の白い広場でした。
雪だるま・・作りました(笑)
夏に行ったときは緑豊かな湿原でしたけど・・・
札幌も20度超えてたときありましたよね!
(最近 つい札幌の温度もチェックしてしまいます 笑)
それで 一気に8度だと身体おかしくなりますよね。
着るもの 困りますね〜
厚手のコート持参で出張ってたいへんですね。
体調に気をつけてくださいね。

ダウジングって それですね!
曲がり角に差し掛かると ぶらぶら〜
そして行く方向を決める。
テレビで専門家がやったりしてるんですね。
で、実際見つかったりするのかな?行方不明者。
でも かなり非科学的な方法ですよね。

こっくりさん
不思議ですよね〜文字の上を動くんですよね!
それが文章になってたりして・・・
あれも非科学的とは思うけど・・・
子供のころってなんか信じちゃうんですよね。
え〜〜〜〜参加してたんですか?!(笑)
そんな動機で〜〜〜ぇぇぇぇ(笑)

「告白」は読まれました?
どんどん引き込まれる文章でたしか・・2日で読んだような。
映画化もされた話題の作品でしたよね。
湊さんの書かれる内容は暗いかも。
「少女」もかなり暗いけど 最後には救いがありました。
ギブアップされた作品のタイトル 気になりますね(笑)
わたしは 湊さんで読んだのはこの2冊だけです。
| yoko | 2011/06/25 4:06 PM |
こんばんは。。。
札幌も、週の初めは28度くらいありました。。
それが、いきなり8℃。
ほとほと、参ります。

あ、湊かなえさんの作品は
「夜行観覧車」というタイトルです。
もう、なんていうか、、、
出てくるやつ、出てくるやつ、、、
みんな、好きになれない(笑

読んでいると、この国って
本当に、こんな感情の人間ばかりが
集まっているんじゃないか?と、
救われない気持ちになってきました。
もう、最後まで読むのは、相当にタフな精神が
必要と思われ。。。。

告白は読みました。
あれも、かなり根暗だけど、まだ、読めたな〜〜〜

34度ですか〜
厚いな〜〜
エアコン、、、うんうん、、、
あまり我慢するのは、どうかと思うよ。
ちなみに我が家では、夏は
まったく遠慮なく使ってます(笑
でも、今年は、ちょっとそうは行かないかも、、、ですね。

そうそう、
マジメな話段だけど、ぼくは、会社を定年で辞めたら
四国に移住しようと思ってます、、、
yokoちゃんのお勧めは、どの当たりかな?
| akihiro | 2011/06/26 12:13 AM |
■akihiroさん
「夜間観覧車」ですか・・
本屋さんで見かけたことあります。
湊さんって出す本 全部ヒットですよね。
読んでると凹んでくると
何のために読み続けてるんだろ?って思い始めますよね。

わたしが 途中でもうこれ以上読めない!って
断念作品は・・・ノルウェイの森です。
この世界観、愛の形?よくわからないです(笑)
「上」の途中で放置です。
村上春樹は世界中で読まれいてファンも多いそうですが
それならって 映画を見たんですけど
やっぱり・・ダメでしたね^^
ハルキストの人 ごめんなさい(笑)

四国ですか?
岡山は 香川県と瀬戸大橋で繋がっているので
香川の高松はよく行きますが 便利だしいいところです。
讃岐うどんが有名ですよね。
「UDON」って映画も撮られてます。
そこまでうどん好きなの?!って思っちゃいます^^
高知もいいかな〜よさこい踊りで有名ですよね。

瀬戸内海側だったら 海も穏やかで魚や牡蠣が美味しくて
温暖な気候で果物も美味しいです。
四国は 行ったことがないところがまだまだ多いので
あんまり詳しくなくて・・・
すみません^^
| yoko | 2011/06/26 4:01 PM |
yokoちゃん、
遅ればせながら、れびゅ〜拝見しました。
「Xの献身」同様、人間ドラマとしても面白いけど、トリックも楽しめました。どの話も面白かったけど、私的、ガリレオ博士を陥れようとした第5話が緊張感があって面白かったです。
東野さん作品は、せつない愛が描かれているけど、今作もそうでした。愛、愛を感じました^^

一番驚いたのはTVドラマオリジナルと思っていた内海刑事が登場していたこと。後で、元々、原作のキャラと知りました。
TVドラマとは違って、かみつくとこがない分、好感がもてるキャラです。

ガリレオの最新作は、最近の東野氏の作品の中で一番おもしろかったです。


| ラム | 2011/07/03 11:11 AM |
■ラムさん
コメントありがとうございます。
トリック 本格的でとても楽しめました。
そしてどれにも人間ドラマがあったのがよかったです。
5話は あんなふうに殺人事件を起こされたら恐いですよね。
悪魔の手
湯川あやうし。でもちゃんと謎解きした。さすが!^^
わたしも ドラマのオリジナルと思っていた内海刑事
柴崎コウ演じる強気なキャラではなかったですね(笑)

「Xの献身」映画化もされて面白かったですよね。
隣の母子のためにささげた無償の愛。
切なかったですね。
ガリレオシリーズも好きですが・・・

加賀刑事シリーズも好きです。
赤い指、新参者
そして「麒麟の翼」が映画化されるそうですね。
この原作も読もうと思ってます。

最新作 読まれたのですね。
どんどん新作を発表して東野圭吾ってすごいですね。
そして最近の東野作品の最高傑作!
気になります^^
| yoko | 2011/07/03 4:59 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://voyvoy.jugem.jp/trackback/183
トラックバック