映画など・・・いろいろつぶやいてます
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< まほろ駅前多田便利軒 / main / ブラック・スワン >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - / スポンサードリンク /
八日目の蝉

不実な男を愛し子を宿すが、母となることが叶わない絶望の中で、男と妻との間に生まれた赤ん坊を連れ去る女、野々宮希和子(永作博美)と、その誘拐犯に愛情いっぱいに4年間育てられた女、秋山恵理菜(井上真央)。実の両親の元に戻っても普通の生活は望めず、心を閉ざしたまま大学生になった恵理菜は、ある日、自分が妊娠したことに気づく。相手は、希和子と同じように家庭を持つ男だった。 過去と向き合うために、かつて母と慕った希和子と暮らした小豆島へと向かった恵理菜が、そこで知った衝撃の真実とは?
(TOHO CINEMAS)

★★★★

原作の角田光代さんがTVでこの作品について話していた。
子供が出来たら 女性はみんな母性があるんですか?
では 子供が出来ない人には 母性はないんですか?
母性とは何か?それに疑問を感じてこの作品を書きました。と。

原作では少し長すぎると感じた逃亡劇は映画ではコンパクトに・・・
そして 恵理菜の視点で描かれていたと思う。
誘拐した女と誘拐された少女の逃亡劇。
決して許されないものだけれど幸せだった。
それは 本当の親子以上の愛情にあふれていたのではないだろうか。
だからこそ ふたり別れのシーンは切なくなる。

4歳まで母と信じて誘拐犯と愛情いっぱいに育った女の子。
それは母親にとっても 子供にとっても 不倫した夫にとっても
世間に知られた大事件の当事者。決して平穏ではなかったはずだ。

不倫する男の言い訳・・・嫌になる
いつか必ず妻と別れる、今は妊娠はこまる、結婚したら子供を持とう。

原作とおり岡山の街並み、そして岡山案内をするタクシー運転手
出てきましたね。そうバラ寿司です。ちらし寿司ではないのです(笑)
小豆島は 恵理菜にとっても 希和子にとっても幸せの場所だった。
原作とエンディングは違う。
わたしは映画のほうが好きだ。

何年も土の中にいた蝉は地上に出てくると7日目には死んでしまう。
八日目まで生き延びた蝉は仲間がみんな死んでしまって不幸?
いいえ、もう一日生き延びたことで 
他のものが知らない素晴らしいものを見ることが出来る。
小豆島の写真館で見た子供のころの希和子との記念写真。
幸せだった小豆島での思い出。
「わたしはずっとここに来たかったのかもしれない。」
まだ会えないお腹の子供にまで愛おしさを感じる恵理菜。
過去の思い出も両親のことも これからの未来にも希望を感じた。

過去の出来事に心を閉ざした恵理菜を演じた井上真央。
必死に子供を守り 愛そうとした希和子を演じた永作博美。
ふたりの迫真の演技はすばらしかったと思う。

映画や行 / comments(0) / trackbacks(25) / voy /
スポンサーサイト
- / - / - / スポンサードリンク /
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://voyvoy.jugem.jp/trackback/177
トラックバック
『八日目の蝉』
□作品オフィシャルサイト 「八日目の蝉」□監督 成島 出□脚本 奥寺佐渡子□原作 角田光代□キャスト 井上真央、永作博美、小池栄子、森口瑤子、田中哲司、市川実和子、平田 満、劇団ひとり、余貴美子、田中 泯、風吹ジュン■鑑賞日 5月1日(日)■劇場 
| 京の昼寝〜♪ | 2011/05/10 5:23 PM |
八日目の蝉/井上真央、永作博美、小池栄子
直木賞作家の角田光代さんの同名小説を映画化したサスペンス・ヒューマンドラマです。NHKでドラマ化されたときにうっかり観逃してしまったんですよね。やっぱり最初から観てないと ...
| カノンな日々 | 2011/05/10 6:03 PM |
八日目の蝉
3月24日(木)@一ツ橋ホール。 ほぼ2週間ぶりの一般試写会。 この間ムダになった試写状たくさん。
| あーうぃ だにぇっと | 2011/05/10 7:43 PM |
『八日目の蝉』 (2011) / 日本
監督: 成島出 出演: 井上真央 、永作博美 、小池栄子 、森口瑤子 、田中哲司 公式サイトはこちら。 原作読了しています。 もともと読売新聞連載小説でしたが、途中でついていけなくなり、挫折。f^^; ですのでこれは一気に読みたかったし、そして映画
| Nice One!! | 2011/05/10 8:43 PM |
「八日目の蝉」(日本 2011年)
お星さまのうた。 家族写真。 八日目の蝉が見るもの。
| 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 | 2011/05/10 9:11 PM |
八日目の蝉
妻子ある男を愛し妊娠するが出産を諦めた野々宮希和子は、男と妻との間に生まれた生後6ヶ月の秋山恵理菜を誘拐し逃亡。 1995年に逮捕された。 4歳で実の両親の元に戻り、普通の親子関係が築けないまま成長し大学生となった恵理菜の前に、誘拐事件を本にしたいというル
| 象のロケット | 2011/05/10 11:13 PM |
八日目の蝉
角田光代の同名ベストセラー小説を映画化。生まれてすぐに誘拐された少女が大学生になってからの姿と、誘拐した犯人が逃亡を続ける4年間の両方を描いたヒューマンドラマだ。出演は『花より男子ファイナル』の井上真央と『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』の永作博美。
| LOVE Cinemas 調布 | 2011/05/10 11:42 PM |
映画『八日目の蝉』
なんとなくあらすじを知っていて、見ないだろうと思ってた。 去年NHKのドラマでやってた時、知らなくて、 ちょうど『Mother』にはまっていた頃に、似たようなテーマのドラマを やってたんだなぁ・・...
| よくばりアンテナ | 2011/05/10 11:56 PM |
八日目の蝉
直木賞作家・角田光代の同名ベストセラーを「花より男子ファイナル」の 井上真央と「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」の永作博美の共演で映画化 したヒューマン・サスペンス・ドラマ。不倫相手の赤ちゃんを誘拐した 女性が、捕まるまでの4年間にわたって母と娘とし
| だらだら無気力ブログ | 2011/05/11 12:35 AM |
八日目の蝉
2011/04/29公開 日本 147分監督:成島出出演:井上真央、永作博美、小池栄子、森口瑤子、田中哲司、市川実和子、平田満、渡邉このみ、劇団ひとり、余貴美子、田中泯、風吹ジュン 優しかったお母さんは、私を誘拐した人でした。 子どもを身ごもるも、相手が結婚して
| 新・映画鑑賞★日記・・・ | 2011/05/11 10:01 AM |
確かに愛はそこにあった。『八日目の蝉』
誘拐犯の女と誘拐された少女との逃亡劇とその後の少女の人生を描いた作品です。
| 水曜日のシネマ日記 | 2011/05/11 12:44 PM |
映画:八日目の蝉 永作博美が突出して良いところが、長所でもあり欠点?!
愛人の娘を誘拐して逃亡する女性と、その成長した娘のストーリーが平行して物語を進む。 井上真央演ずる、0才〜4才まで誘拐され、その時に刷り込まれた「母」のイメージのトラウマを持ったまま、大学生になった恵理菜。 ちょっとしたきっかけで自分のルーツを探る旅に
| 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 | 2011/05/11 9:30 PM |
映画「八日目の蝉 」他人と違う経験を自分がどう感じるか
「八日目の蝉」★★★★☆ 井上真央、永作博美、小池栄子、森口瑤子出演 成島出 監督、 147分、2011年4月29公開 日本,松竹 (原作:原題:八日目の蟬/ 角田光代)                     →  ★映画のブログ★           
| soramove | 2011/05/11 11:10 PM |
八日目の蝉
 4月20日(水)ニッショーホールにて試写会「八日目の蝉」を鑑賞。  4月も下旬だというのに、まだ少し肌寒いこの頃、気持ち厚めのパーカーを着込んで虎ノ門へ。  上映開始15分前に会場入りし、...
| 気ままにブログ | 2011/05/13 10:26 PM |
『八日目の蝉』 踏みとどまるために必要だったのは?
 【ネタバレ注意】  劇中、母と娘が「男とは何か、女とは何か」を語り合うくだりがある。  母曰く、「薫ちゃんは女なの。薫ちゃんが好きになって、結婚したいと思う人が男のひと。」  この映画に、結...
| 映画のブログ | 2011/05/14 2:33 PM |
■映画『八日目の蝉』
どうしようもない男とのどうしようもない不倫に傷ついた女性が、不倫相手の男性と奥さんの間に生まれた赤ちゃんを誘拐したことから起こる悲しい物語を描いた映画『八日目の蝉』。 誘拐犯の女性・野々宮希和子を永作博美、彼女に誘拐されて数奇な人生を送ることとなっ
| Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ> | 2011/05/14 5:16 PM |
映画『八日目の蝉』 | 永作博美と小池栄子が素晴らしいです。
2分でわかる『八日目の蝉』あらすじ紹介いってみます。 (ネタバレ注意!) 希和子(永作博美)は不倫相手である秋山丈博 (田中哲司)の子どもを身ごもります。 「いつか ...
| 23:30の雑記帳 | 2011/05/21 5:39 AM |
「八日目の蝉」感想
 角田光代原作のサスペンス小説を、「孤高のメス」の成島出監督、「サマーウォーズ」の奥寺佐渡子脚本で映画化。      とにかく、何をさしおいても女優陣、特に主要人物を演じる3人の演技がハンパなく素晴らしい。この御三方の存在自体が、本作に魂を吹きこむア
| 新・狂人ブログ〜暁は燃えているか!〜 | 2011/05/21 11:00 AM |
八日目の蝉
不倫相手の赤ちゃんと誘拐した母と、16年後に母と同じように妻子ある男と不倫して妊娠した娘の人生をうまく交差させた物語になっている。ごく普通の家庭で育つことができなかっただけで、こんな悲しい経験をするのを涙をボロボロ流しながら見た。永作博美がうまいのは当
| とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver | 2011/06/04 10:09 PM |
八日目の蝉
 『八日目の蝉』を渋谷東急で見てきました。 (1)この映画は、TVなどで幾度となく予告編が流され、また書店では随分と以前から原作の文庫版が山積みとなっていましたから、制作側もかなり力を入れているのでしょう。  おそらく、『告白』とか『悪人』の線を狙っている
| 映画的・絵画的・音楽的 | 2011/06/05 6:59 AM |
映画:八日目の蝉
 久々の映画記事。見たけど記事にしていない作品が溜まってきた。今週末はブログに専念したい。と言うわけでその1弾は八日目の蝉です。
| よしなしごと | 2011/06/18 8:57 AM |
mini review 11545「八日目の蝉」★★★★★★★☆☆☆
誘拐犯の女と誘拐された少女との逃亡劇と、その後の二人の運命を描いた、角田光代原作のベストセラー小説を映画化したヒューマン・サスペンス。監督は、『孤高のメス』など社会派エンターテインメント作品で定評のある成島出。誘拐された少女の大学生時代を井上真央が演
| サーカスな日々 | 2011/11/09 12:20 AM |
八日目の蝉
テレビシリーズは良かったけれど、 キャストを変えて映画化すると聞いても 何度も観たいという話ではなかったので 観る気はありませんでした。 丁度公開している時に、 テレビで数人の映画評論家が この映画の感想を言っていて、 男性は、けちょんけちょんでした
| 映画、言いたい放題! | 2012/01/17 10:26 AM |
『八日目の蝉』'11・日
あらすじ希和子は不実な男を愛し、子を宿すが、母となることが叶わない絶望の中で、男と妻の間に生まれた赤ん坊を連れ去る・・・。解説日本アカデミー賞11部門制覇(作品賞・主演...
| 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... | 2012/07/06 8:08 PM |
『八日目の蝉』'11・日
あらすじ希和子は不実な男を愛し、子を宿すが、母となることが叶わない絶望の中で、男
| 虎団Jr. 虎ックバック専用機 | 2012/07/06 8:09 PM |