映画など・・・いろいろつぶやいてます
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 塔の上のラプンツェル / main / グレイズアナトミー  シーズン6 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - / スポンサードリンク /
英国王のスピーチ
 

第83回アカデミー賞「作品賞」「監督賞」「主演男優賞」「脚本賞」受賞!
吃音に悩み、自らを否定し続けてきた英国王ジョージ6世。
全国民を前に、王の尊厳と誇りをかけた演説が始まる―。

2度の大戦を乗り越え、国民に「善良王」と慕われるにいたったジョージ6世が乗り越えた障がい。彼を支えた妻エリザベスと、言語障がい専門医ライオン・ローグとの愛と深い絆を描く。
(TOHO CINEMAS)

★★★★

最後のジョージのスピーチは こころ揺さぶられました。
第二次世界大戦前夜のスピーチは そこにいるような臨場感で
吃音というハンデを乗り越え 国王として語られるその一言一言に感激。
国王とは それほどに国民に力と勇気を与える大きな存在なのだと・・。

現イギリス女王、エリザベス2世の父、ジョージ6世の歴史ドラマ。
幼少期から吃音症に悩まされ、コンプレックスを持って育ったジョージ6世。
国王になるまでのジョージの重圧、苦悩。
冒頭のスピーチのシーンは緊張感がすごくて張り詰めた空気が伝わった。
見つめる国民の目、そして失望の目。

奔放的に生きた長男とは違ってまじめで礼節をわきまえたジョージこそ
国王にふさわしいかったのだと思う。
スピーチ矯正の専門家・ライオネルとの出会い、信頼と友情で結ばれいく絆。
そして妻・エリザベスの献身な愛。
ジョージの周りにはいつも彼を愛してくれ支えてくれる人たちがいた。
それはきっとジョージ自身が魅力的な人だったから。

アカデミー賞受賞作品で 一番見たかった映画でした。
ストーリーは見る前からわかってたけれど
それでも 静かに感動出来るすばらしい映画だったと思う。

映画あ行 / comments(8) / trackbacks(29) / voy /
スポンサーサイト
- / - / - / スポンサードリンク /
コメント
この作品は価値ある作品だったようですね
>王の尊厳と誇りをかけた演説が始まる―
>国王とは それほどに国民に力と勇気を与える大きな存在なのだ
>礼節をわきまえたジョージこそ国王にふさわしいかったのだ

国王とは その役目を理解し、受け入れ、生涯を捧げ…
人々に希望を与える存在でもありますよね

yokoさんの記事を読んで 観てみたくなりました
☆X4 が続きますね♪
| Maria | 2011/04/10 10:12 PM |
TB ありがとうございます

たしかに 先が見える 王道ストーリー
しかし、しっかりとした作りで感動できました

俳優陣の演技も素晴らしかったです
| リバー | 2011/04/11 8:36 AM |
■Mariaさん
アカデミー賞授賞式のころ ソーシャル・ネットワークか?
それとも国王のスピーチか?と話題になっていました。
まだ見ていなかったこちらの映画の方がとるのでは?って思っていました。
見てよかったと思います。こっちの方が好きですね。

国王・・・
その役目は わたしたち凡人には計り知れないほど
大変なものであること
>国王とは その役目を理解し、受け入れ、生涯を捧げ…
人々に希望を与える存在でもありますよね

そう思います。
スピーチではじまり 最高のスピーチで終わる。脚本賞・・なっとく
ひとりの国王の人間ドラマは その彼にかかわる人々とともに
静かに感動するよい映画だと思います。おすすめです。
| yoko | 2011/04/12 5:21 AM |
■リバーさん
こちらこそTBありがとうございました。
俳優人の演技すばらしかったですね。(写真の3人)
わたしは ライアンの妻もまた夫を支えいい妻だと思いました。
ストーリーは見る前からわかっていたのに
見た後 静かに感動できるすばらしい映画でした。
スピーチから始まり そして最高のスピーチで終わる。
最後のスピーチは そこで聞くひとりとなってこころに響きました。
| voy | 2011/04/12 5:27 AM |
アカデミー賞を獲得する良質な
作品であることは感じました。
夫婦で見ることをお勧めしたいです。
| シムウナ | 2011/04/17 6:14 PM |
シムウナさん
夫を支える・・・・
そういう意味では エリザベスだけでなく
ライオネルの妻もいいなぁ〜と思いました。
「ソーシャル・ネットワーク」とこの作品はどっちが
アカデミー賞をとるのかとあの当時話題でしたが
わたしは こちらのほうが好きです。
王道のストーリーですが
こころに静かに響く感動の映画だったと思います。
| voy | 2011/04/18 7:13 AM |
やっと観ました。
英国危機に面した時、誕生したジョージ6世の秘話は、「クィーン」と同じく、実話らしく派手さもなく地に足がついた話でした。
なりたくてなったわけではない国王を演じたコリン・ファース、矯正家であるジェフリー・ラッシュの演技は素晴らしい!

来月はシングルマン、ブラックスワンを観る予定。
| ラム | 2011/04/25 9:53 PM |
■ラムさん
派手さはないけど 俳優陣の演技は素晴らしかったですよね。
内容は見る前から大体わかってるし 王道のストーリーだけど
丁寧に作られていて静かに感動できました。
国王という心の重圧や兄、父たちとの関係。
自らの吃音というハンデを乗り越えて 最後にしたスピーチは
こころに深く感じました。
| yoko | 2011/04/26 8:57 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://voyvoy.jugem.jp/trackback/171
トラックバック
英国王のスピーチ
評価:★★★☆【3,5点】(14) アレって、感度良すぎ!息使いまで聴こえるマイクにはノイズフィルターを。
| 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜 | 2011/04/10 7:28 PM |
No.243 英国王のスピーチ
【ストーリー】 現イギリス女王エリザベス2世の父ジョージ6世の伝記をコリン・ファース主演で映画化した歴史ドラマ。きつ音障害を抱えた内気なジョージ6世(ファース)が、言語療法 ...
| 気ままな映画生活 | 2011/04/10 9:16 PM |
スピーチこそが
8日のことですが、映画「英国王のスピーチ」を鑑賞しました。 アカデミー賞作品賞をはじめ 4部門受賞した 話題作です 吃音に悩む ジョージ6世 スピーチ矯正の専門家 ライオネルに出会い、吃音を克服しようとするが・・・ まさに 作品賞にふさわしい そんな映画で
| 笑う学生の生活 | 2011/04/11 8:37 AM |
王の声〜『英国王のスピーチ』
 THE KING'S SPEECH  1930年代の英国。吃音に悩むヨーク公(コリン・ファース)の妻エリザベス(ヘ レナ・ボナム=カーター)は、スピーチセラピストを名乗る元舞台俳優のオースト ラリア人、...
| 真紅のthinkingdays | 2011/04/11 10:05 AM |
英国王のスピーチ
1シリングから始まる家族と言葉の物語。   
| Akira's VOICE | 2011/04/11 10:41 AM |
【映画】英国王のスピーチ
<英国王のスピーチ を観て来ました> 原題:The King's Speech 製作:2010年イギリス・オーストラリア合作 ←クリックしてね。ランキング参加中♪ 第83回アカデミー賞にて、作品賞、監督賞、主演男優賞、脚本賞を受賞した、大注目作品です。 これを観に行
| ★紅茶屋ロンド★ | 2011/04/11 4:30 PM |
英国王のスピーチ  監督/トム・フーパー
【出演】  コリン・ファース  ジェフリー・ラッシュ  ヘレナ・ボナム・カーター 【ストーリー】 1936年の英国。国王ジョージ5世の後継として長男のエドワード8世が即位するが、離婚歴のある米国女性と結婚するために1年もしないうちに王座を捨ててしまう。ジョージ6
| 西京極 紫の館 | 2011/04/11 9:58 PM |
英国王のスピーチ
後に「善良王」と呼ばれた英国王ジョージ6世が、ヨーク公爵時代に出会った言語聴覚士ライオネル・ローグの助けで自身の吃音を克服する姿を描いた伝記ドラマだ。主演は『シングルマン』のコリン・ファース。共演にジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーターと言っ
| LOVE Cinemas 調布 | 2011/04/11 10:55 PM |
*『英国王のスピーチ』* ※ネタバレ少々
2010年:イギリス+オーストラリア合作映画、トム・フーパー監督、コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター、ガイ・ピアース、ティモシー・スポール出演。
| 〜青いそよ風が吹く街角〜 | 2011/04/11 11:03 PM |
英国王のスピーチ【試写会】
作品情報 タイトル:英国王のスピーチ 制作:2010年・イギリス/オーストラリア 監督:トム・フーパー 出演:コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター、ガイ・ピアース、ティモシー・スポール、デレク・ジャコビ、ジェニファー・イーリー
| ★★むらの映画鑑賞メモ★★ | 2011/04/11 11:17 PM |
『英国王のスピーチ』
(原題:The King's Speech) ※ちょっと辛辣な表現もあります。 期待されている方はごめんなさい。 ----この『英国王のスピーチ』って いまスゴく騒がれているよね。 どんなお話ニャの? 「そうだね。 ゴールデン・グローブ賞に至っては最多7部門ノミネートだ
| ラムの大通り | 2011/04/11 11:32 PM |
英国王のスピーチ
第二次世界大戦前のイギリス。 ジョージ5世の二男ヨーク公(現在のエリザベス女王の父)は、吃音(きつおん:どもり)のために、無口で内向的な性格だった。 何人もの言語聴覚士の治療を受けるが一向に改善せず、式典のスピーチでいつも落ち込む夫を見かねた妻のエリ
| 象のロケット | 2011/04/11 11:59 PM |
英国王のスピーチ
公開中 トム・フーパー監督     出演 コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、     ヘレナ・ボナム=カーター、ガイ・ピアース 他 新評価 3.0 「いい映画でした。」と人に言える映画ですが、 これ、アカデミー賞を取ったのでしょう・・・。 どうも根
| B-scale fan's log | 2011/04/12 2:38 PM |
英国王のスピーチ The King's Speech
●「英国王のスピーチ The King's Speech」 2010 イギリス・オーストラリア Bedlam Productions,118min 監督:トム・フーパー 出演:コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム・カーターガイ・ピアース他 <第83回アカデミー賞 作品、監督、脚
| 映画!That' s Entertainment | 2011/04/14 8:40 PM |
映画「英国王のスピーチ」
英国王のスピーチ - goo 映画 英国王のスピーチ(映画.com) 「英国王のスピーチ」オフィシャルサイト 英国王のスピーチ@ぴあ映画生活 英国王のスピーチ - Wikipedia ○作品データ(映画.com) 監督・脚本:トム・フーパー 脚本:デビッド・サイドラー 製作:イアン・キャ
| itchy1976の日記 | 2011/04/15 4:05 PM |
映画『英国王のスピーチ』
アカデミー賞受賞作品ですもんね!! 観てきましたよ〜(^^)v 実話ってことでしたが、時代背景とかも知らずに何の前知識もなく見始めましたが、 すんなり、ついていけました。 現在のイギリスのエリ...
| よくばりアンテナ | 2011/04/16 12:05 AM |
映画『英国王のスピーチ』を観て〜アカデミー賞受賞作品
11-18.英国王のスピーチ■原題:The King's Speech■製作年・国:2010年、イギリス・オーストラリア■上映時間:118分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:3月3日、TOHOシネマズ・シャンテ(日比谷)■料金:1,600円スタッフ・キャスト(役名)□監督:トム・
| kintyre's Diary〜Goo Version | 2011/04/18 11:36 PM |
『英国王のスピーチ』 歯を食いしばっているすべての人へ
 人は誰しも苦手なことがある。  職業に就くのも、必ずしも好きだから、得意だからやるわけではない。  たとえ好きなこと、得意なことを職業にしている人だって、その職業で直面するすべてのことを難なく...
| 映画のブログ | 2011/04/20 9:44 PM |
英国王のスピーチ (試写会)
演説のプレッシャー公式サイト http://kingsspeech.gaga.ne.jp子供の頃から吃音症に悩む、国王ジョージ5世(マイケル・ガンボン)の次男ヨーク公アルバート(コリン・ファース)。何
| 風に吹かれて | 2011/04/24 3:24 PM |
英国王のスピーチ
「ブリジット・ジョーンズの日記」「シングルマン」のコリン・ファースが、 エリザベス女王の父にして国民から慕われたイギリス国王ジョージ6世を 演じて絶賛された感動の伝記ドラマ。 吃音症に悩みながらも妻エリザベスの愛とスピーチ・セラピストのサポート で歴史
| だらだら無気力ブログ | 2011/04/29 1:20 AM |
「英国王のスピーチ」感想
 内向的で吃音症のヨーク公アルバート王子(後のイギリス王ジョージ6世)が、言語聴覚士と家族の支えでコンプレックスを克服し、国民から敬愛される存在へと成長していく姿を、史実を基に映画化。    実在した一国の国王を、一人の人間として内側から掘り下げる
| 新・狂人ブログ〜暁は燃えているか!〜 | 2011/04/29 6:14 PM |
英国王のスピーチ
英国王のスピーチ'10:イギリス+オーストラリア◆監督: トム・フーパー「第一容疑者 姿なき犯人」(TV) ◆出演:コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター ...
| C'est joli〜ここちいい毎日を〜 | 2011/05/02 4:37 PM |
英国王のスピーチ
日頃行かない日曜日に映画館へ足を運びました。 やっぱり日曜日の込み具合はスゴイですねぇ。 前もってネットで席を確保していたのですが、余裕を持って25分くらい前に到着した時には 「英国王のスピーチは満席です〜」のアナウンス。 アカデミー賞有力作品の呼び声が
| 映画の話でコーヒーブレイク | 2011/05/04 6:45 PM |
英国王のスピーチ
この映画、アカデミー賞を取ったということもあって 是非観たい映画でした。 折しも観に行った日は、ロイヤル・ウェディングの日でした。 そのせいか、公開から随分経っていましたが その割にはお客が多かったです。 隣のお客さんは、始まる前にロイヤル・ウェディ
| 映画、言いたい放題! | 2011/05/05 6:00 PM |
■映画『英国王のスピーチ』
誠に個人的な予想ですが、今年のアカデミー賞の監督賞、作品賞、主演男優賞はこの映画『英国王のスピーチ』ではないかと思ったりしています。 アカデミー賞では、監督賞、作品賞、主演男優賞ほか、最多12部門にてノミネートされている本作。 王室の話、というと、
| Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ> | 2011/05/06 9:51 PM |
映画:英国王のスピーチ
 言わずと知れた、アカデミー賞4部門受賞、英国アカデミー賞7部門受賞などなど多くの賞にノミネート・受賞に輝いた英国王のスピーチを見てきました。
| よしなしごと | 2011/05/14 12:52 AM |
[映画『英国王のスピーチ』を観た]
☆遅ればせながらの感想です。  これまた、英国紳士的なスマートな造りの傑作ですなぁ^^  先の大戦前夜、国民の多くの期待を受けて即位せしジョージ6世・・・、英国王として、その「言葉」は大いなる力になり得るのだが、彼は幼い頃から深刻な吃音症に悩んでいた
| 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 | 2011/05/30 8:49 PM |
「英国王のスピーチ」(THE KING'S SPEECH)
英国民から慕われたイギリス国王ジョージ6世を描いた感動のヒューマン・ドラマ「英国王のスピーチ」(2010年、英豪、118分、トム・フーパー監督作品)。この映画は吃音(きつおん)症に悩みながらも妻エリザベスの愛と、セラピストのサポートにより、歴史的演説
| シネマ・ワンダーランド | 2011/09/18 6:07 PM |
別館の予備(英国王のスピーチ 感想224作目)
6月7日 英国王のスピーチト アメブロが5月15日よりTB廃止する事が発表されましたので 5月15日以降に更新した記事では当ブログでTBを受付ます 当ブログにTB入らな ...
| スポーツ瓦版 | 2012/06/07 1:44 PM |