映画など・・・いろいろつぶやいてます
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - / スポンサードリンク /
RED
 

元CIAのトップエージェントのフランク・モーゼス(ブルース・ウィリス)は、静かな引退生活をしていた。唯一の楽しみは、年金課の担当であるサラ(メアリー=ルイー・パーカー)との電話の会話。しかし、かつて関わった秘密の任務が原因でCIAから狙われるハメに…。フランクは、CIAから、コードネーム“RED”(退職者した超危険人物)と呼ばれていたかつての“仲間”たち(モーガン・フリーマン、ジョン・マルコヴィッチ)の元へと向かい、CIAが守ろうとする巨大な陰謀に対抗する。さらに元MI6の美人スパイ(ヘレン・ミレン)や旧ソ連のスパイも加わり、事態は予想もつかない結末を迎えようとしていた。
(cinema cafe net)

★★★☆

タイトルのREDって 赤?って思ってたら
R..Reteired
E..Extremely
D..Dangerous だたんですね。
今は ひとり静かに引退生活を送っていたフランク
唯一の楽しみは年金係のサラに苦情の電話をいれてのおしゃべり。
そんなフランクが突然の襲撃。あの銃撃戦すご過ぎ。弾の数 そこまでやる?(笑)

ブルース・ウィルス アクションシーン!かっこいい〜。
あの車から降りながら銃を撃つスローモーションシーン。クールでした。 
でもサラと話題をあわせるために恋愛小説を読んだりして・・・かわいい(笑)
マンデラ大統領を演じたモーガン・フリーマン、エリザベス女王を演じたヘレン・ミレン
その記憶が印象的な二人。ギャップが楽しかった。
そして ちょっとイカレたおじさんを演じたジョン・マルコヴィチ いい味でした^^
彼らは なぜCIAに命を狙われるのか?

CIAのクーパーに 何度も 「グランパ〜!」と呼ばれてキレテたフランク。
年寄り扱いされると 俄然むかつく彼ら(笑)
派手なアクションシーンや 激しい銃撃戦。
かつての仲間たちと伝説のチームを再結成する様子は楽しかった。
なにも考えず楽しめるシニアな?(失礼^^)スパイアクションムービーでした。

映画ら行 / comments(0) / trackbacks(27) / voy /
雷桜
 

江戸時代。徳川将軍・家斉の十七男で清水家の当主・斉道(岡田将生)。初節句に誘拐され、十年以上も山で育てられた後、ある日ひょっこり村に戻ってきた遊(蒼井優)。2人は遊の兄が斉道に仕えたことが縁で奇妙な木、雷桜(らいおう)の前で出会う。決して交わるはずのなかった2人の境遇は、雷桜のように互いに保ちながらも深く絡み合い、運命の恋に落ちていく。叶わないと知りながらも互いの心を求めあう斉道と遊。2人は初めて人を愛し、愛を知ることで心の成長を遂げる。しかし宿命は、2人を引き裂いてしまう。
(cinema cafe net)

★★★

時代劇は あんまり観ないのですが 最近ちょっと気になる岡田将生が主演。
時代劇が初挑戦の岡田将生と蒼井優ということで観てきました。
二人が馬に乗って草原を走るシーンは 雄大で すばらしかった。
乗馬もこの映画のために始めたとか・・・乗馬挑戦。。でも挫折の私としては尊敬です。

母親の愛を知らずに育った斉道は 心に病を思っていた。
静養の地、瀬田村の天狗が出るという森で 遊と出会った。
ただひたむきにまっすぐに愛を貫こうとするが
そこにあるのは 身分の違い、そして定め・・・・
山で自由奔放に生きてきた遊には なぜなのか理解できない。

村を去ろうとする斉道の籠に 「なりみちぃ〜〜〜」と叫ぶ遊。
よく叫んでいましたが・・・どこからこんな野太い声がという迫真の演技。
ノーメイクで長い髪を振り乱し 体当たりで演じる蒼井優に圧倒されました。
最後の18年後の忘れ形見の展開は ちょっと驚きましたけど・・・

日本版ロミオとジュリエットといわれているようですが どうでしょう?
隣の女性はずっと泣いておられたようでしたが わたしは・・・・でした。

映画ら行 / comments(0) / trackbacks(13) / voy /