映画など・・・いろいろつぶやいてます
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - / スポンサードリンク /
まほろ駅前多田便利軒


東京郊外のまほろ市で便利屋を営む多田啓介(瑛太)は、頑固な程に真面目でしっかり者。そんな多田の下に転がり込んできた高校の同級生、行天春彦(松田龍平)は、飄々としてつかみどころのない変わり者。共にバツイチ、三十路の2人は、便利屋稼業を始めることに。次から次へと訪れるくせ者たちへの行き過ぎたアフターケアにより他人の人生に巻き込まれていく彼らだったが、やがて自らの過去と向き合うことになる。
(cinema cafe net)

★★★+0.5

中学生の同級生だった二人はある晩 仕事帰りに出会う。
「今晩泊めて。」と頼む行天に 断れない昔の小指の傷の負い目がある。
2人は一緒に住んで便利屋をすることになる。

ワケありな客たちとのエピソード
ゆるい空気のなかでのんびりと描かれる二人の一生懸命さは
すごく自然で優しくて こころがほんわか温かくなる。
ワケありなアルバイトをしてる小学生の由良君
子犬を預けられて夜逃げされた家族の女の子にそっと子犬をあわせたり
ストーカーに追われてる女の子のために命をはったり・・・。

瑛太って中性的な感じの人かと思ってたけどここでは男っぽい奴。
つかみどころのない飄々とした雰囲気の行天を演じた松田龍平
友情のようで 腐れ縁の恋人?(笑)のようで二人の微妙な関係が最高。

クスッって笑えるところもたくさんあってユーモラス
「何じゃこりゃ〜〜」「誰?全然似てない!」これ ウケマシタね〜(笑)

最初にバス停に行天が残した包丁は 自殺のためだったのかな?
そう思っていたら やがて明かされる二人の過去。
バツイチの二人の男が自分の過去に向き合う。

誰にも自分には変えれないつらい出来事や運命が襲いかかる。
でも 人との出会いで支えあい、許しあい、係わり合いながら人間は生きていく。
そんな前向きな気持ちを与えてくれるものでした。
もし 近くにあったら なにか頼んでみたいな多田便利軒に(笑)

映画ま行 / comments(4) / trackbacks(14) / voy /
マイレージ、マイライフ
 

ライアン・ビンガム(ジョージ・クルーニー)は、年間322日も出張で飛び回り、企業のリストラ対象者に解雇を通告するプロフェッショナル、“リストラ宣告人”。全米中を旅しながら、二度と会うことのない相手に人生のやり直しを宣告する。そんな彼の唯一の生きがいは、出張で乗る飛行機のマイレージを貯めること。しがらみという煩わしい人生の荷物を背負うことなく、夢の目標1,000万マイル達成だけが彼の存在証明だった。しかし、ある日ライアンに予期せぬ出会いが訪れ、自分の立場と1,000万マイル達成を危うくする存在が現れる。
(cinema cafe net)

★★★☆

ラストシーンでの空港でのライアンのこの表情が印象的でした。
また 前のような出張の日々が始まるけれど もう前のような思いではいられない。
あんなに楽しみにしていた1000万マイルを達成しても空しさだけが残る。
ジョージ・クルーニーのためにある映画のように まさにはまり役。
大人の男の人の悲哀、そして渋くてかっこよくて ユーモアもある素敵でしたね!
アカデミー主演男優賞にノミネート。アカデミー賞にノミネート作品「マイレージ・マイライフ」

ライアンの人生観を変えた二人の女性との出会い。
これまで 実際に全米の企業に赴いて リストラを宣告していたライアンに対して
経費節減、ネットでリストラを宣言することを提案した現代っ子のナタリー。
大学を主席で卒業した優秀なナタリー。でも真面目で結婚や人生に対しても純粋。
そんなナタリーは研修のためライアンの出張に同行する。
ナタリーを演じたアン・ケンドリックがすごくよかった。
ライアンをおじさん呼ばわりした時のジョージ・クルーニーのリアクション、最高(笑)
彼女もまた アカデミーの助演女優賞にノミネートされてたんですね。

出張先で知り合ったアレックス、彼女もまた全米を飛び回るキャリア・ウーマン。
あとくされの無い自由な大人の恋のはずだった・・・。
でもナタリーの影響?やがて真剣にアレックスを思うようになったとき
本当にお似合いで 大人の素敵な関係と思ってったから
私もライアン同様ショックでした。
でも女もまた 男性同様 ずるいものなのかもしれませんね。

二人の女性との出会い、
そして 久しぶりに再会した姉妹。
妹の結婚式直前にマリッジブルーになった義弟を励ますライアン。
旅行が出来ない妹夫婦のためにパネルを持ち歩いているライアン!笑えました。
さまざまな人とのふれあいから 
ふと自分を見つめなおすヒューマンドラマでした。
しがらみも また人生。人って ひとりでは生きられないものだと思うから・・・。
映画ま行 / comments(8) / trackbacks(19) / voy /
魔法使いの弟子


現代のニューヨークを舞台に、800年にもわたって繰り広げられてきた魔法大戦争が勃発。魔法使い・バルサザール(ニコラス・ケイジ)は、悪の勢力を滅ぼすため、今は亡き魔法使いの最高指導者マーリンの後継者を探し続けてきた。魔法の導きにより、ついにバルサザールはマーリンの後継者となる運命を持つ者を発見し、本人の意志を完全に無視して自分の弟子にする。だが、"魔法使いの弟子"に選ばれたデイヴ(ジェイ・バルチェル)は、悪と戦うどころかケンカひとつしたことのない、気の弱い物理オタクの青年だったのだ。
(TOHO CINEMAS)

★★☆

ニコラス・ケイジだし ちょっと期待しすぎたのかも。
ディズニー映画「ファンタジア」をもとに作られているとか・・・
はらはらするような過激なアクションシーンもないし 魔法をテーマにしてるので
小さな子供でも楽しめるファンタジー映画といった感じでした。
吹き替え版しかなかったしね。

バルサザールは 最高の指導者マーリンの後継者を探し続けるんだけど
長い年月をかけてやっとめぐり合えた弟子として選ばれたディブは
物理オタクで 主役だけどなんだか魅力なくて・・・
弟子として指導を受けるシーンもあまり無かったし
戦いのバトルシーンは ドラゴンボールみたい!
でも小学生時代の子役のときのデイブはかわいかった。。。
何かの映画に出ていたと・・・ずっ〜〜と気になってました。(笑)
映画ま行 / comments(2) / trackbacks(20) / voy /