映画など・・・いろいろつぶやいてます
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - / スポンサードリンク /
うさぎドロップ
 

祖父の葬式で久しぶりに実家に訪れていた27歳の独身&彼女なしのダイキチ(松山ケンイチ)は、そこで不思議な6歳の少女・りん(芦田愛菜)と出会う。実は、その少女は祖父の隠し子だった。親族たちはりんを施設に入れようとしていたのだが、ダイキチはそのことに納得できず、自分が引き取ると宣言してしまう。そしてその日から、不器用な男としっかり者の少女とのちょっとおかしな共同生活がはじまった。慣れないながらも一生懸命にりんを育てようとするダイキチ。そんな様子に、次第にりんは心を開いていく。
(cinema cafe net)

★★★+0.5

ダイキチのセリフにもあったけど
りんと一緒にいることで 自分が成長し、癒されていく・・・と
わたしも 愛菜ちゃんに癒されましたね(笑)

りんと一緒に暮らすダイキチ。
不器用だけど 一所懸命にがんばるイクメン、ダイキチ。
そんなダイキチにだんだんと心を開いていくりん。
夜遅く保育園に迎えに来たダイキチに 抱きつくシーンはもう親子。

こうきくんとりんちゃんのお墓の前でのシーンには泣かされちゃいましたね。
最近の愛菜ちゃんは大人っぽくて 大人顔負けって感じだけど
去年、撮影中は6歳だった愛菜ちゃんは まだ幼くてキュートでした。
って今でも まだ7歳なんだけどね(笑)

コミックの映画化ということで 突然ダンス始めたりして は?とも思ったけど
コミカルで こころ優しいイクメン、ダイキチを演じた松山ケンイチ
CMで流れる発表会でりんが舞台上から「ダイキチ!」
って呼ぶシーンで 見せたダイキチの表情は素敵でした。
ほのぼのとして心温まる映画でした。
愛菜ちゃんと松山ケンイチ、二人の演技に 癒された「うさぎドロップ」でした。

映画あ行 / comments(1) / trackbacks(19) / voy /
アジャストメント
 

将来を有望視されている若手政治家のデヴィッド(マット・デイモン)は、ある日エリース(エミリー・ブラント)という美しいバレリーナに一目惚れする。しかし、突然“アジャストメント・ビューロー(運命操作局)”と呼ばれる男たちが現れ、デヴィッドは拉致されてしまう。彼らの目的は、本来は恋に落ちる予定ではなかったデヴィッドとエリースを引き離し、「運命の書」に記述された“運命”に従わせることだった…。
(cinema cafe net)

★★★

すべての運命は第三者によって操作されている・・・・

将来アメリカの大統領になると「運命の書」に書かれているデヴィッド
しかし エリースと恋に落ちることは記されておらず
このまま行けば運命が変わってしまうと修正しようとする運命操作局の男たち
二人の出会いをなかったことにしようとする。
でもデイヴィッドはこの運命に逆らってエリースとの恋を成就させよとする。

しかし 女性の立場から言えば 邪魔されたとはいえ・・・
最初の出会いから3年間音信不通。
さらに2度目の再会で恋に再び落ちるも
怪我したエリースを病院にそのままにして11ヶ月姿を消し
結婚届を出す当日に再び現れ告白って どうなんだろ〜って思う。

運命がすでに決められてて 道を外れると自分のわからない間に修正される。
それって面白い発想で 最初は面白いって思ったのだけど
SFアクションっていうより
運命に逆らっても 恋を貫こうって純愛アクションロマンス?
最後はどこでもドアで街のあちこちに移動しすぎ。
ここまで逆らったら 人生をリセットされるはずだったのに
最後に愛は勝つ!ってことなんでしょうか。
マッド・デイモン主演ってことで
ちょっと期待しすぎ、物足りなさが残る作品でした。

もしかして生まれたときから人の運命って決まっているのかも?
そう思うこともあるけれど
運命は 誰かに操作されたり 修正されるものではなくて
自分で切り開いて変えていかないと思いますね。

映画あ行 / comments(2) / trackbacks(25) / voy /
英国王のスピーチ
 

第83回アカデミー賞「作品賞」「監督賞」「主演男優賞」「脚本賞」受賞!
吃音に悩み、自らを否定し続けてきた英国王ジョージ6世。
全国民を前に、王の尊厳と誇りをかけた演説が始まる―。

2度の大戦を乗り越え、国民に「善良王」と慕われるにいたったジョージ6世が乗り越えた障がい。彼を支えた妻エリザベスと、言語障がい専門医ライオン・ローグとの愛と深い絆を描く。
(TOHO CINEMAS)

★★★★

最後のジョージのスピーチは こころ揺さぶられました。
第二次世界大戦前夜のスピーチは そこにいるような臨場感で
吃音というハンデを乗り越え 国王として語られるその一言一言に感激。
国王とは それほどに国民に力と勇気を与える大きな存在なのだと・・。

現イギリス女王、エリザベス2世の父、ジョージ6世の歴史ドラマ。
幼少期から吃音症に悩まされ、コンプレックスを持って育ったジョージ6世。
国王になるまでのジョージの重圧、苦悩。
冒頭のスピーチのシーンは緊張感がすごくて張り詰めた空気が伝わった。
見つめる国民の目、そして失望の目。

奔放的に生きた長男とは違ってまじめで礼節をわきまえたジョージこそ
国王にふさわしいかったのだと思う。
スピーチ矯正の専門家・ライオネルとの出会い、信頼と友情で結ばれいく絆。
そして妻・エリザベスの献身な愛。
ジョージの周りにはいつも彼を愛してくれ支えてくれる人たちがいた。
それはきっとジョージ自身が魅力的な人だったから。

アカデミー賞受賞作品で 一番見たかった映画でした。
ストーリーは見る前からわかってたけれど
それでも 静かに感動出来るすばらしい映画だったと思う。

映画あ行 / comments(8) / trackbacks(29) / voy /
SP 革命篇
 

官房長官を狙ったテロ事件から2カ月。死闘を繰り広げた警視庁警護課第四係のメンバーたちは、通常任務をこなしていたが、井上(岡田准一)だけは 尾形(堤真一)への不信感を募らせ、一人苦しんでいた。一方、与党幹事長・伊達(香川照之)やキャリア官僚らと接触の陰が疑われる尾形の動きを探るべく、公安の田中も調査を進める。時を同じくして、井上は尾形から国会での警備を任じられる。第四係、政治家の伊達國雄、新・第四係のメンバー、さらには謎のテロリストグループが国会に集結する中、麻田内閣不信任案の採決が行われようとしていた。そのとき遂に尾形が動き出し、国会議事堂に銃声が鳴り響く。
(TOHO CINEMAS)

★★★

去年の「SP 野望篇」を見たとき もう後篇は見ないと思っていたのに
2夜連続TVスペシャル「革命前日」を見て 
いったい尾形たちが言い続けている大義とは何で 
そして彼らは何をしょうとしているのかが気になって・・・・・見てしまった。
やっぱり前篇 後篇と分ける意味なかったですね。つながりはないし。
アクションのみでストリーのなかった野望篇よりは面白かった。

あっという間に占拠されてしまう国会議事堂。
緊迫した実行犯たちに反して 他人事のように別室で見ているキャリア官僚たち。
自分の不正を公然の面前で告白させられる議員たち。
そして最後に麻田総理の番になったとき・・・・
すべては尾形が子供のときの父の死がきっかけ。復讐であったように思う。
フィクションでありえない展開だけど尾形の気持ちに同情してしまう。

何度か向かい合い意志を確認しあってた尾形と伊達がまさか●●だったとは(驚き)
二人が目指す大義は違っていたということなのか。
なぜ尾形は 井上たちを国会の警備にあてたのか?
自分たちのテロを防いで欲しかった?
井上にあてた手紙の内容は?
なぜ尾形は身分を偽り SPになることが出来たのか?(警察内部になにかある?)
そして 刑務所での看守の一言
井上が感じた不穏な気配・・・これって もやもや感いっぱいで
第三弾を予感させるものでした。

映画あ行 / comments(2) / trackbacks(22) / voy /
ウォール・ストリート
 

2001年、8年の服役を終えたゴードン・ゲッコー(マイケル・ダグラス)。カリスマ投資家の面影は消え、すっかり過去の人と成り果てていた。2008年、勤め先が経営破たんに追い込まれた電子取引トレーダー、ジェイコブ・ムーア(シャイア・ラブーフ)は恋人ウィニー(キャリー・マリガン)の父親であるゲッコーに近づき、ある提案を持ちかける。『ウォール街』から約23年、オリヴァー・ストーン監督が21世紀のマネー・ゲームを描く人間ドラマ。かたや家族のために、一方は復讐(ふくしゅう)のために、元カリスマ投資家ゴードン・ゲッコーと若く有能な電子取引トレーダーが繰り広げる駆け引きをスリリングに描き出す。
(MOVIX)

★★★☆

1987年の「ウォール街」の映画を この映画を見た後に見ました。
カリスマの投資家としての若き日のゲッコーは すごい精力的で迫力ありました。
そのときのインサイダー取引の罪で ゲッコーは服役をした。
刑務所を出るときに渡された私物の中にあった大きな携帯電話が
時間の流れを表していました。

ゲッコーの生き方に反発していた娘ウィニー 
でも彼を選んだのは 父と同じマネーの社会に生きる野心家のジィイコブだった。
少しの風潮が命とりになる社会。スリリングなマネーゲームの世界。
わたしは 危険な賭けのように思えました。

黒幕を知ったジェイコブは 復讐をしようとウィニーの父ゲッコーに接触を図った。
しかし ゲッコーもまた一筋縄ではいかない男だった。
前半のマネーゲームの駆け引きは面白く引き込まれていきました。
で、後半は人間ドラマになってましたね。
ゲッコーも年をとってしまったようで(笑) 
若き日のゲッコーからは想像もつかないけれど
最後の父と娘の親子愛復活、何もかもうまくいってハッピーエンド。
ラストが もう少し・・・と前作の「ウォール街」のほうが評価が上です。

映画あ行 / comments(4) / trackbacks(16) / voy /
アンストッパブル
 

操車場に停車中の最新式貨物列車777号が、整備ミスによって走り出す。大量の化学薬品とディーゼル燃料を搭載した777号を止めるべく、鉄道会社と警察は手を尽くすが、列車はさらに加速していく。事態を察知したベテラン機関士フランク(デンゼル・ワシントン)は、この日初めてコンビを組んだウィル(クリス・パイン)と共に、決死の覚悟で暴走列車に立ち向かう。
(MOVIX)

★★★☆

小さな整備ミスから制御不可能になってしまった無人の暴走列車。
だんだんと加速を続け このまま行ってしまうと大都市で横転してさらなる大事故になってしまう。
さまざまなことを試してみるがことごとく失敗。
暴走する列車の迫力に いったいどうやってこれを止めるのだ?!
手に汗握ってのめりこんでみてしまう。
実際に起こった列車事故を基にしているだけあって 臨場感はある。

ふとしたことがきっかけで妻と息子と会えなくなってなって悩んでいるウィル。
数年前に妻を病気でなくし 若い二人の娘とうまく向き合えない父フランクは
数日後には退職することを余儀なくされていて 若いウィルのやることが気に入らない。
そんな二人の鉄道マンが協力しあって暴走する列車を止めようと奮闘する。

鉄道を知り尽くしている鉄道マンのフランクだからこそこの危機が救えたのだと思う。
暴走する列車を止めようと命をかけて挑む二人の姿と
家族愛の復活。
最後のテロップでこの事故のあとの彼らの様子が書かれてあった。
フランクの昇進、そしてその後 円満退職にはナットク・・。でした。

映画あ行 / comments(2) / trackbacks(43) / voy /
相棒 劇場版
 

日本警察の要所・警視庁本部内で、前代未聞の人質籠城事件が発生した!人質は、田丸警視総監(品川徹)、長谷川副総監(國村隼)をはじめとした、各部の部長ら幹部12名。現場となった会議室は機動隊と特殊捜査班SITによって完全に包囲されるが、犯人の動機は不明。要求もないまま、いたずらに時間が過ぎていくのだった。いち早く事件に気づいたのは、偶然にも犯人の男と遭遇した神戸尊(及川光博)とその連絡を受けた杉下右京(水谷豊)。右京は会議室内の様子を把握することが肝心と、鑑識の米沢守(六角精児)や元特命係の陣川公平(原田龍二)の協力を得て、誰も予想しなかった奇策に出た。
(TOHO CINEMAS)

★★★☆

右京さんの突然のアクションシーン。いとも身軽に窓からデジカメ片手にするすると・・・。
驚くべき奇策でした(笑)その奇策で判明したのは・・・
籠城の犯人は 元警察官の八重樫。
2発の銃声後に突入してみると 何者かに撃たれた八重樫の死体。
いったい誰が彼を射殺したのか?そしてこの密室でどんな会話がされたのか?
そして八重樫がここまでしたその目的は。

神戸と杉下は 籠城前に八重樫といた朝比奈圭子と会う。
八重樫と朝比奈、そして公安部で一緒だった彼女の死んだ恋人の関わった過去の大事件。
それは公安部を存続させるために仕組まれた陰謀。影の管理官の存在。
会議室に人質としていた12人はこの事実を知っていながら全員が黙認、隠蔽。
警察上層部ぐるみの陰謀。

もう 警察を 警察上層部を信じられなくなりましたね。
誰のための警察で 誰を守るための警察なのか・・・。
そこに ただひとり立ち向かう杉下右京。

真実を突き止めようとする右京さんに小野田官房長は言う。
「絶対的な正義がこの世の中にあるって 本当に信じてるの?」
そして
「官房ちょう〜〜〜〜〜!!」となるわけです。
予告編で想像はついていましたが・・・。
右京さんと官房長 まじめな顔してコミカルなやり取りが楽しかった。
回転寿司の食べ方 今回はちゃんと出来てたのに・・・(かなりマニアアック?笑)
もう見れないと思うと寂しい。

相棒は やっぱり薫ちゃんとであってほしいなぁと今でも思う。(ひとりごと 笑)

映画あ行 / comments(4) / trackbacks(20) / voy /
愛を読むひと (2009)
 

1958年のドイツ。15歳のミヒャエル(デヴィッド・クロス)は、気分の悪くなったところを21歳年上のハンナ(ケイト・ウィンスレット)に助けられる。その出会いから、2人はベッドを共にするようになり、ハンナはミヒャエルに本の朗読を頼むようになる。だが、ある日突然、彼女が姿を消してしまう…。数年後、法学専攻の大学生になったミヒャエルは彼女と法廷で再会する。彼女は戦時中の罪に問われ、無期懲役の判決を受ける。時は流れ、ミヒャエル(レイフ・ファインズ)はハンナの最後の“朗読者”になろうと決心し、彼女の服役する刑務所に物語の朗読を吹き込んだテープを送り続けるのだった。ベルンハルト・シュリンクのベストセラー小説「朗読者」の映画化。ケイト・ウィンスレットはこの作品でアカデミー主演女優賞となった。
(cinema cafe net)

★★★★

邦画のタイトル「愛を読むひと」
原作は読んでいないので タイトルからもっとロマンスのあるストーリーと思っんだけど
アウシュビッツ、ナチス戦犯。重いテーマでした。

再びミヒャエルがハンナを見たのは ナチスの戦犯として裁かれる法廷の被告席だった。
仲間の罪をすべて背負って無期懲役の罪をうける。
それほどまでしても 守りたかったハンナの秘密とは・・・。
車掌から昇進を断って姿を消したこと、自転車旅行でメニューをみなかったこと
そして ミヒャエルに朗読を熱望したこと
それらが伏線のようによみがえってくる。

ハンナのために真実を言うことも出来たはずだか
しかしそれをしなかった。
その代わりにミヒャエルがしたこと・・・それは刑務所に本の朗読を送り続けるということ
それは 刑務所で過ごすハンナの生きがいになったはずだ。

貧しく教養もなくでも 罪を負ってまでも一途に自分の尊厳を守ろうとしたハンナ
そんな彼女は ミヒャエルにとってどんな存在だったのだろう。
どこか冷たいところもあるミヒャエル。なぜ手紙を出さなかったのだろう・・・・。
映画を観終わった今も ハンナの思い、ミヒャエルの思いに こころをめぐらせる。
映画の余韻は続く。

映画あ行 / comments(2) / trackbacks(6) / voy /
SP  野望編
 

「仕方がないだろ。大義のためだ…」。尾形(堤真一)の言葉に、猜疑心と困惑の色を浮かべ対峙する井上(岡田准一)。あの出来事から1か月。東京、さらには日本の国家システムを根底から揺るがすテロが企てられていた。全ての脅威は、六本木の街から始まる…。脅威の存在を四六時中シンクロしてしまう井上。さらにテロリストの魔の手は、第四係のメンバーにも襲い掛かることに。衝撃の発言をした尾形の狙いは? そして遂に、井上と尾形は、あの惨劇の駅前広場で向き合うことになる。
(cinema cafe net)

★★★

ドラマは 再放送で数話は観ました。
ちょっと全部見直してみようかなと思っています。
尾形たちエリート集団のいう大儀とは いかなるものなのか・・・?
与党幹事長の伊達(香川照之)も 彼らに協力して 何かを企てている。
尾形は なぜ井上を仲間に引き込もうとしているのか?
子供のころの駅前広場で出会った意味、そしてあの総理大臣の不敵な笑みの意味。

前半のテロリストを捕まえるためのアクションシーンはスピード感がありすごかった。
このために体を鍛えたという岡田准一。
井上の特種能力はさらにアップしていて ナビも出来るんですね〜。

でも中盤からは 内容がないというか・・・・
官房長官を警護するのに 走って警護するって言うのはどうなんだろう。
普通 電話して応援を呼ぶなり車を近くまで来させるなりするでしょう?
官房長官の命を狙うというより 第四係を狙っているテロリストたち。
公安の田中は 怪しくて相変わらず 犯人っぽいですね(笑)
家族の振りをして捜査してるようですが あそこまでやる意味あるのかな〜(笑)
後編、SP革命編は来年春公開。なぜ2編に分けるんでしょうね?

映画あ行 / comments(4) / trackbacks(22) / voy /
悪人


土木作業員の清水祐一(妻夫木聡)は、長崎の外れのさびれた漁村で生まれ育ち、恋人も友人もなく、祖父母の面倒をみながら暮らしていた。車だけが趣味で、何が楽しくて生きているのか分からない青年。佐賀の紳士服量販店に勤める馬込光代(深津絵里)は、妹と2人暮らしで、アパートと職場の往復だけの退屈な毎日を送っていた。孤独な魂を抱えた2人は出会い系サイトで知り合い、刹那的な愛にその身を焦がす。しかし、祐一はたったひとつ光代に話していない秘密があった。彼は、連日ニュースを賑わせていた殺人事件の犯人だった。 
(TOHO CINEMAS)

★★★★

「本気で誰かに出会いたかった。」
孤独を抱えた二人。 出会い系サイトでした出会うチャンスがなかった。。
二人は決して悪い人間ではなかった。もっと早く二人が出会えていれば・・・・

いったい誰が本当の悪人なのか?
もちろん殺人を犯した祐一は 悪人であるけれど
それ以上に冷たく最低の人間だと感じたのは 増尾。
そして佳乃
二人の行動や発言、その人間性には嫌悪感を感じ続けた。

主演の二人もだけど
薄っぺらい男、増尾を演じた岡田将生の演技には 驚きとともに脱帽。
一番 悪人に見えた。

逃避行を続ける二人最後のとった祐一の行動は どういうことなのか・・・。
いろんなとり方があると思う。光代を一人残せなかった?
それとも彼女を救うため?

またもとの職場に戻って働き始めた光代。
彼女の生活の場所は ずっとあの国道沿いから抜け出せないのだと思う。
祐一を待つのだろうか・・・
被害者の家族、そして加害者の家族の思い。。。
閉鎖された思いの中で 映画を見た後 かなり凹んでしまった。
映画あ行 / comments(4) / trackbacks(26) / voy /